村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2018年 05月 31日

聴くのも見るのも、実物にはかなわない。。。





スクリャービン作曲 前奏曲集より
ピアノ ディーナ・ヨッフェ

実演でも聴いた、この作品。
でも機械を通して聴くと、実際よりも音が硬く感じる。
本当の音はもっとやわらかく美しく色彩豊か。
ショパンも、アンコールのモーツァルトも、実に素晴らしかった。
やはりホールに足を運ばなきゃね。


a0114742_10193667.jpg
ミヤマカラスアゲハ。
実物はもっと美しい。
写真でもきれいに写るが、臨場感に欠ける。


それにしても、先日の札幌でのリサイタル。
kitaraの小ホールで満席にならなかったのが、実にもったいない。
また北海道に来てくれるなら、是非とも聴きに行きたいものです。
そういう機会があったら、当ブログでも宣伝しよう。
こういうピアニストこそ、もっともっと多くの人に聴いてほしい。










[PR]

by asahimamegoo | 2018-05-31 09:48 | ピアニスト
2018年 05月 30日

人気拡大中???



a0114742_13284739.jpg
シマエナガ。

ちょっとワイルド感がありにけり。。。

写真集が人気を博したり、lineスタンプになるなど、野鳥好き以外の人にも知られつつあり???










[PR]

by asahimamegoo | 2018-05-30 13:36 | 野鳥 | Comments(0)
2018年 05月 29日

反省を踏まえて。。。

おとといのスズメバチ。。。

きのうのセミの抜け殻。。。

こういうのって、苦手な人も多いかもね(^_^;)

てことで今日は、エゾリスやね~

a0114742_11454627.jpg

たまには野菜を食べたくなるの?










[PR]

by asahimamegoo | 2018-05-29 11:52 | 野生動物 | Comments(0)
2018年 05月 28日

充実した音と、空虚な音と、

ディーナ・ヨッフェの奏でるピアノは、空虚な音がひとつもなかった。
弱音なのに音の密度が濃く、倍音がどこまでも伸びて、ホールの隅々まで広がってゆく。
そしてほとんど割れることのない、美しすぎるフォルテ、フォルティシモ。
どうしてこんなに、ってくらい美しすぎる音だったが、魔法を使っているわけではない。
きっと科学的根拠があるわけでして。
自分もそういう音を追い求め、日々研究中。

割れる音は、空虚な音。
立ち上がった瞬間の音は目立つけれど、倍音が乏しく減衰が早い。
そしてしばしば、雑音が混入する。
伸筋や関節を使って鍵盤を叩いたり、圧をかけるように押し込むと、音は空虚になりがち。


a0114742_12511855.jpg

・・・セミの抜け殻のことを、空蝉(うつせみ)とも言ふ。。。

エゾハルゼミが賑やかな季節に突入。
それと入れ替わるように、鳥のさえずりが徐々におとなしくなってゆく。。。
晩春、って感じっすね。










[PR]

by asahimamegoo | 2018-05-28 13:54 | ピアノ奏法
2018年 05月 27日

危険!!!



a0114742_12461434.jpg
コガタスズメバチ・・・???

スズメバチの種のことは、よくわかりません(^_^;)

違ってたらご指摘をお願いいたします。。。


もちろん危険な生き物だが、刺激をしなければ、ほぼ大丈夫。

そっと近づき、静かに写した。

水を飲み終えたら、どこかへ飛んで行った。










[PR]

by asahimamegoo | 2018-05-27 12:58 | 昆虫 | Comments(0)
2018年 05月 26日

恥ずかしいからと言わずに。。。

レッスンは、弾けない人を弾けるように導くもの、とワタクシは思っているわけでして。

ピアノって、テクニックが緻密でたいへん難しいもの。
それを解決するのが、レッスン。

ここを弾くための体の使い方は?
どこの筋肉を使い、どこを脱力するか?
鍵盤のタッチの仕方は?

そういうことをこと細かく指導するのが、私のスタイル。

我流でうまくいくこともあるけれど、そうじゃない場合が多い。
ショパンやリストの難曲になってくると、我流だとかなりきついでしょ。
だから、まだ弾けてないから恥ずかしい、と思わず、弾けてないから解決してもらおう、という軽い気持ちでレッスンに来てほしい。


a0114742_21210465.jpg

ホオアカ、恥ずかしがって頬を赤らめる。。。

これをオチに使いたかっただけ、、、というわけではありませぬw










[PR]

by asahimamegoo | 2018-05-26 08:49 | 指導法
2018年 05月 25日

ディーナ・ヨッフェのリサイタル

札幌のkitaraの小ホールで行われた、ディーナ・ヨッフェのピアノリサイタルを聴きに行ってきた。

曲目は、スクリャービンの24の前奏曲Op.11と、ショパンの24の前奏曲Op.28
スクリャービンの1番→ショパンの1番→スクリャービンの2番→ショパンの2番・・・
という曲順で演奏された。

カワイ主催のコンサートゆえ、ピアノのメーカーは、シゲル・カワイ。


感想は、もう、言葉はいらない。
いや、言葉を使わなきゃ何のためのブログかって(笑)

あまりにも美しく多彩な、倍音の世界に惹きこまれた。
曲によって、色が違う。
それどころか、一つの曲の中からも、様々な色彩感が。
そして、美しいレガート。
また、フォルテ、フォルティシモが全然割れない。
すべての音が心地よい。

ディーナ・ヨッフェの実演を聴いたのははじめてだったが、名前はかなり前から知っていた。
1975年のショパン国際コンクールで第2位(この時の1位は、ツィマーマン)
そして、ロシアピアニズムのネイガウス流派の継承者。
美しき倍音で奏でるピアノ。
その真髄を、垣間見た気がした。

客の入りは、7割ほど?
こういうピアニストこそ、もっともっと聴かれてほしい!

ちなみにアンコールは、モーツァルトのデュポールの主題による変奏曲。
you tubeでも上がっており、その演奏が好きでよく見ていたが、実演はそれ以上に素晴らしかった。
これも実に色彩豊かなモーツァルトだった。
天国にいるモーツァルトご本人は、きっと満面の笑顔で聴いていたんじゃないかな~?





今日は仕事なので、終演後はすぐに地下鉄に乗り、9時発のJRに駆け込む。
すすきのあたりで、演奏の余韻に浸りながら一杯やりたかった気分だったけどね(笑)
本当に素晴らしい時間でした。
またぜひ聴きたい。










[PR]

by asahimamegoo | 2018-05-25 09:02 | ピアニスト
2018年 05月 24日

マジメとは無縁・・・???

河川敷は、森林とは野鳥の分布が異なる。

大きな口を開けてふざける・・・じゃなくてさえずるコイツもそう。。。


a0114742_21092936.jpg

オオヨシキリ。

この日の髪型はオーソドックス。。。

コイツのさえずりは、人を笑わせようとしているとしか思えない。。。

レッスンもこうありたいものです(こら)










[PR]

by asahimamegoo | 2018-05-24 08:50 | 野鳥 | Comments(0)
2018年 05月 23日

旭川の木

今日の旭川は、昨日に引き続き夏日。
正午前に25℃を上回った。
街路樹のナナカマドもカワイらしく咲いている。

a0114742_11390930.jpg
我が家のピアノはヤマハですが。。。

今、北海道は最高の季節。
旅行に来るなら、今でしょ!(もはや古)










[PR]

by asahimamegoo | 2018-05-23 12:02 | 旭川 | Comments(0)
2018年 05月 22日

とりあえず謝罪、、、

サービス精神て、音楽やる上で大切なこと。
演奏でも、レッスンでも。

ネット上でも例外ではない。
ブログでもSNSでも、多少は意識している。
ピアノのこと、奏法のこと、指導法のことなどで、考え方を主張したり、問題提起することはあるけどね。

ギャグ的なことはたまに(いつも?)大スベリはするけれど、そこはサービス精神の空回りってことで大目に見ていただければ、と。。。


a0114742_22020657.jpg

きのうの旭岳。。。

・・・

ところでみなさまに謝らなければならないことが。。。

さてさて、何故でございましょう???

理由は、↓↓↓のmoreをクリックしたらわかるかも。。。

・・・ちなみに当ブログを長いこと見てくださってる方には、既にネタバレかもね(^_^;)











More
[PR]

by asahimamegoo | 2018-05-22 12:01 | ボケ、ツッコミ