村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:音楽( 52 )


2019年 02月 11日

たくさん感動しよう

感動する体験って、とても大事。
感動が情緒を育む。
どんな感動でも良い

音楽を聴く。
本を読む。
映画を見る。
美しい景色を見る。
珍しい動物に遭遇する。
美味しいものを食べる。
美味しいビールを飲む。
美味しいワインを飲む。。
美味しい日本酒を飲む。。。
美味しいウィスキー、、、もうやめろwww

うん、すべてが感動。


a0114742_20095614.jpg
自分の最近の感動は、エゾモモンガとの初遭遇。
あれからこの場所へは行ってないが、元気かな~?











by asahimamegoo | 2019-02-11 13:35 | 音楽 | Comments(0)
2019年 02月 07日

聞こえない音域が、、、

人間に聞こえる音の周波数の領域は、20Hz~20000Hz程度とのこと。

それゆえか、CDはある周波数以上の聴こえない領域の周波数の音はカットしているという。(現在のCDはどうなのだろうか?)

ところが、その聞こえない周波数の音域が人に与える影響があるという。

レコードからCDに変わった時、物足りなさを感じた人も大勢いるという。

レコードはアナログゆえ、CDだとカットされている周波も含まれているわけで。

レコード愛好家が今でも多くいる理由は、そういうことなのかもしれない。

ピアノも、倍音が豊富な響きが心地よいのは、この「聞こえない周波数の音」が豊富に含まれるから、ということなのかもしれないね。


a0114742_20004513.jpg

エゾリス、ワタクシにしがみつく。。。

この日は肩にも乗ってきた。。。

ワタクシ、餌は持っていません、念のため。。。

リスを引き寄せるオーラがあるのか?(違)











by asahimamegoo | 2019-02-07 20:07 | 音楽
2018年 12月 13日

深い音、、、

そういえば、深い音の定義って何だ???

まぁ、深いと感じたら、そうなのでしょう。

感じ方は、人それぞれ。


a0114742_18520132.jpg

旭川の雪は、、、まだまだ浅い。。。











by asahimamegoo | 2018-12-13 20:14 | 音楽
2018年 10月 29日

アマチュアの本気

食欲の秋、、、
読書の秋、、、
そして芸術の秋。。。

旭川は既に晩秋、初雪が降ってもおかしくない季節だが、音楽ホールではプロアマ問わず、演奏会が目白押し。

アマチュアの演奏会は、それ一回にかける強い気持ちをしばしば感じる。
楽しむだけじゃない、本気の趣味。
ほんと、素晴らしいと思うし、そういう方たちを心から尊敬する。


a0114742_10552338.jpg

さて、ワタクシもがんばろう。











by asahimamegoo | 2018-10-29 21:52 | 音楽
2018年 09月 23日

秋だねぇ

紅葉の見ごろはこれからだが、季節は秋。

朝の最低気温は、一桁の日もありにけり。

秋はやっぱり、ブラームス。





6つの小品 Op.118 より、第2曲 間奏曲

ピアノ ゲンリヒ・ネイガウス

a0114742_15071103.jpg

神楽岡公園の、トチノキの実。











by asahimamegoo | 2018-09-23 19:48 | 音楽 | Comments(0)
2018年 09月 21日

美しいものを見ることで、、、

姫路城が白鷺城と呼ばれる理由は諸説あるらしいが、、、
その一つが、白漆喰で塗られた城壁の美しさからそう呼ばれる、というもの。(wikipediaより)


a0114742_16095613.jpg

やはり白鷺は美しい。


そういえば北斗の拳に、南斗白鷺拳、ってあったなぁ。。


自然界の美しいものを見る。
音楽やるにも、大切なことだと思ふ。。











by asahimamegoo | 2018-09-21 16:32 | 音楽 | Comments(0)
2018年 09月 10日

耳をすませば・・・

日本人にお馴染みの、秋の虫の声。
いや、声、というのは違和感がある。
だって、口から声を発しているのではなく、翅を擦って音を出してるわけだし。
やはり、虫の音(むしのね)、だよね。

この虫の音、欧米人にとっては雑音、というのはよく知られている。
虫の音を聴く時の脳の使い方が、日本人と欧米人は異なるらしい。

ちなみに、倍音が聴こえるかどうかも、脳の使い方の違いなのだとか。
耳をすませば、2倍音(1オクターブ上)、3倍音、と聴こえてくるかもね。
私もかつては聴こえていなかった。
というか、聴いていなかった(^_^;)
気をつけていれば脳の使い方も変わり、聴こえるようになるのでしょう。


a0114742_12034307.jpg

カンタン、オスとメスがご対面~
ここへ至る過程は、簡単じゃなかった(^_^;)

そういえば停電で真っ暗闇になった時、静寂の中で虫の音がいつもより美しく感じたなぁ・・・










by asahimamegoo | 2018-09-10 15:09 | 音楽
2018年 09月 04日

クラシック音楽の日

今朝、車のエンジンをかけると、、、
「おはようございます、本日は、クラシック音楽の日です」

9月4日、クらシっく。。。
やや強引なごろ合わせだが。。。(^_^;)

クラシック音楽はヨーロッパ発祥の芸術。
それを生業にしているワタクシ。
だからこそ、日本の歴史や文化を知り、それに誇りを持たなきゃ、と思う。

それはともかく、今日はクラシック音楽の日。
てことで、クラシック音楽を聴こう♪




ブラームス作曲 交響曲第3番
指揮 レナード・バーンスタイン
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

秋はやっぱり、ブラームス?


a0114742_12331767.jpg
キツリフネ。
黄色いツリフネソウだから、キツリフネ。











by asahimamegoo | 2018-09-04 12:59 | 音楽
2018年 08月 28日

賞は目的に非ず

アインシュタインは、ノーベル賞を取るために相対性理論を研究したわけではない。(相対性理論ではノーベル賞をとってないが)
司馬遼太郎の「梟の城」だって、直木賞を狙ったものではないでしょう、きっと。

こういう賞ってのは、それぞれの分野で素晴らしい仕事をした結果、あとからついてくるもの。

音楽だって、同じこと。
賞より大切なことがある。
賞レースが目的となって、その大切なことを見失わないようにしないと、ね。



a0114742_12263999.jpg

オオシオカラトンボ、すごく久しぶり。
相変わらず、濃いねぇ。。。


野鳥、昆虫をはじめとする野生動物の写真を撮ってはブログに載せてるワタクシだが・・・
写真は目的ではない。
良い写真を撮ろうとして、動物たちに迷惑をかけてはいけない。
そして、動物たちへの愛情がなきゃ。

音楽やるにも、こういうことって大事だと思う。











by asahimamegoo | 2018-08-28 22:28 | 音楽
2018年 08月 23日

旭川の秋の虫

旭川は、自治体としては珍しく、市の「虫」が指定されている。

それが、カンタン。


a0114742_19331958.jpg

ムラサキツメクサにいる、カンタンのメスの幼虫。

カンタンのオスは今頃の季節になると、、、ルルルルルル、、、と、美しい音を聞かせてくれる。

名前が「カンタン」だからではないが、意外と簡単に見つけられます。。。

ちなみに北海道は、秋の虫の種類が本州以南と比べて少ない。

文部省唱歌「虫のこえ」の歌詞に出てくる虫は、北海道にいない率80%(^_^;)

マツムシ、スズムシ、クツワムシ、ウマオイ・・・

これらはみな、北海道にはいませんよぉ~

いるのはコオロギのみ。

寒冷な北国ゆえ、昆虫をはじめとする変温動物は生きにくい環境だからしゃーないよね。。。

・・・

旅行等で見知らぬ土地へ行ったら、自然界から聞こえてくる「音」を聞いてみよう。

秋の虫、セミ、鳥、、、等々。

ふだんは聞き慣れない音が聞こえてくる。

それもある意味、音楽なのかもね。











by asahimamegoo | 2018-08-23 19:56 | 音楽 | Comments(0)