村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:蝶( 252 )


2009年 07月 07日

地上へ降り立つ

そろそろ地上の蝶も登場させてやらないとね。

コレは神楽岡公園でよく見かける蝶なんだけど…
a0114742_21344687.jpg

コレ、よく似た蝶が何種類かいて、それを列挙すると

「ミドリシジミ」
「アイノミドリシジミ」
「メスアカミドリシジミ」
「オオミドリシジミ」
「ジョウザンミドリシジミ」
「ハヤシミドリシジミ」
「エゾミドリシジミ」

ミドリシジミの類で、7種類もいる。
他にもいるのかも。

よりどりミドリ!



寒!

んで、推測だけど、第1候補が
「アイノミドリシジミ」
第2候補が
「メスアカミドリシジミ」
だと思うのだが…

裏面の模様と色から推測すると、たぶん、アイノミドリシジミ。

種の特定は難しいですね。

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-07-07 21:45 | | Comments(2)
2009年 07月 06日

今度はアサヒヒョウモンが!

大雪山のコマクサ平。

ウスバキチョウを見て興奮冷めやらぬ中、異なる種類の蝶を発見。
a0114742_21204318.jpg

アサヒヒョウモン。
この蝶も日本では大雪山にしか生息しないらしい。
アサヒ、とは、大雪山最高峰の旭岳からとった名称。
ウスバキチョウほどのインパクトはないけど、きれいな蝶だな~

ウスバキチョウは3匹ほど見たが、アサヒヒョウモンはコレ1匹だけ。

それにしても、高山にしか棲まないんだよね、この蝶たち。

他にも、ダイセツタカネヒカゲ、という蝶もいるらしいのだが、コチラは出会えなかった。
でも、第一の目的だったウスバキチョウに出会えたから、大満足。

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-07-06 21:29 | | Comments(2)
2009年 07月 05日

そして、ウスバキチョウ現る!

コマクサ平にて。
到着しても、残念ながら曇り空。
今日は例の蝶は無理か…と思い、弁当を食べはじめた。

すると、雲の間から日が差して…

蝶が舞った!!!

その蝶は…

そうです、ウスバキチョウです!
a0114742_10542253.jpg

日本では大雪山にしか生息しないウスバキチョウ。
コマクサ、という高山植物が幼虫の食草。
コマクサ平へこの時期にわざわざやってきた理由は、ウスバキチョウを見るためだったのです。
運良く見ることができました。
a0114742_10583744.jpg

ピントがちょっと合っていないけど…

何というか、言葉が出ないね。
来て良かった~

でも、銀泉台シリーズはもう少し続く(笑)

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-07-05 11:04 | | Comments(2)
2009年 06月 30日

ヒカゲなのに日なたにいる

まだ銀泉台到着前。
車にとまっている蝶。
a0114742_20452530.jpg

サトキマダラヒカゲ、だと思う。
ヤマキマダラヒカゲ、というヒジョーによく似た蝶がいるけど、たぶん、サトキマダラヒカゲの方だろう。

ちなみにコイツを撮っている間、車の前方にはエゾシカが…
あぁ、どっちを撮れば良いんだ~
と思いつつ、蝶好きの私はコチラをチョイス。
でも、コイツを写している間に、鹿は森の中へ去っていったとさ。
まぁ、鹿も写真に写ったから、良いでしょ。

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-06-30 20:55 | | Comments(0)
2009年 06月 24日

冬を越した蝶たち

6月23日(火)は、天候の移り変わりが激しい一日だった。
朝は雨模様だったのが、午後になるにしたがい、晴れ。
このまま晴天が続くかと思いきや、夕方頃から雷を伴う大雨。

同日の昼間の晴天の時間。
忠別ダムの近くにて。
タテハチョウの仲間を二種類発見。
まずはキベリタテハ
a0114742_21395150.jpg

そしてクジャクチョウ
a0114742_21402369.jpg

今頃の時期に飛んでいるタテハチョウの仲間は、越冬したものが多いらしい。
両方とも羽根がボロボロだ。
旭川の厳しい冬を越えたんだろうね。
-20℃を耐え抜くんだから、たいしたもんだ。

ちなみにこの忠別ダム付近は、旭川市内よりもじゃっかん標高が高いので、春が少し遅い。
だから6月の半ばを過ぎても越冬したチョウがまだ飛んでいるんだろうね。
今時期は旭川市内、例えば神楽岡公園では、タテハチョウの仲間は見かけなくなった。
越冬した蝶たちは産卵を終え、その一生を終えたんだろう。


にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-06-24 21:55 | | Comments(0)
2009年 06月 23日

疑惑

以前、神居古潭で撮影したウスバシロチョウ。
コレ、ヒメウスバシロチョウである疑惑が浮上。
a0114742_1414580.jpg

つーかコレ、ヒメでしょう。

それより少し前に北邦野草園で撮影したのはウスバシロチョウ。
でも、神居古潭のは後で確かめると、どうもヒメウスバシロチョウのようだ。
a0114742_1935388.jpg


ウスバシロチョウの方が、胴体が黄色がかっているのだ↓
a0114742_13552192.jpg


見本林で見つけたコレは
a0114742_2054833.jpg

ヒメの方だろう。

神居古潭、見本林は、ヒメウスバシロチョウばかりで、
北邦野草園は、ウスバシロチョウばかり、のような気がする。

棲み分けしているのかな?

んで、やっぱりこれらの呼び方…
ウスバアゲハと、ヒメウスバアゲハが良いでしょ。
…ホント、しつこいっすね、私。

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-06-23 20:58 | | Comments(0)
2009年 06月 19日

ウスバアゲハの季節もそろそろ終わる…

北邦野草園で見つけた、ウスバアゲハ。
a0114742_13552192.jpg

お腹の先に交尾板をくっつけている。
ということは、間もなく産卵だろうか?

そろそろウスバアゲハの季節も終わりかなぁ。
何とも神秘的な蝶だ。
個体数はかなり多いようだけどね。

しつこいようだけど、ウスバシロチョウ、よりも、ウスバアゲハ、という名称の方が似合うと思うんだけどね。

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-06-19 14:04 | | Comments(2)
2009年 06月 18日

自転車のサナギ

自転車にサナギが…
a0114742_1651448.jpg

珍しい場所にサナギがあったもので。
エゾシロチョウのサナギ。

幼虫は桜やサクランボなど、バラ科の植物にくっつく。
旭川にはどこにでもいる大型の蝶。

我が家のサクランボの木にもやってくる。

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-06-18 17:01 | | Comments(0)
2009年 06月 10日

かくれんぼ

神楽岡公園で。
かくれんぼ。
a0114742_11442856.jpg

完全に保護色。
木の皮にそっくり。
オオトビスジエダシャク、という種類の蛾だと思われる。
ややこしい名前…

蛾って、蝶よりも嫌われる。
何でだろう?

触角のせい?
それとも、鱗粉をバサーッと撒き散らしていくようなあの飛び方?
蛾の方が蝶よりも、粉っぽい感じはするかも。

夏になると、クスサン、という大型の蛾が飛びはじめる。
近所にけっこういる。
まだしばらくは見られないけど、なかなかきれいな蛾なのだ。
でもコイツも、気持ち悪がられるかも。

かわいそうにねぇ。
彼らだって一生懸命生きているのにねぇ。

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-06-10 11:58 | | Comments(0)
2009年 06月 09日

見本林にて

三浦綾子さんの小説「氷点」の舞台で有名な見本林。
正式には外国樹種見本林。
見本林の入り口には、三浦綾子記念文学館がある。

そこで見つけた黒い蝶
a0114742_13482336.jpg

クロヒカゲだと思われる。

漢字で書くと「黒日陰」
おもいっきり日なたを飛んでいたけど

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪


見本林はココ

[PR]

by asahimamegoo | 2009-06-09 13:59 | | Comments(0)