村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 14日

きれいな音を出すために

我々はピアノを教える時、きれいな音を出すことをこだわって教えている。
せっかくピアノを弾くのなら、きれいな音を出さなきゃ。
聴いている人を気分良くさせるようなきれいな音をね。

腕の力を抜いてポーンと鍵盤に乗っければ、きれいな音が出るのさ~
(もちろんそればかりじゃないんだけど)


んで。

生徒にきれいな音を要求する時、私は…

「せんせーの心の中のような音を出して~」

…生徒は笑う

また、キラキラっと光り輝くような音を要求する場合、

「せんせーの瞳のような音を出して~」

…生徒の笑いが愛想笑いに??

で、さらに調子に乗っていると、

…生徒の笑いが苦笑いに???


な~んていうやりとりがレッスン中にあるかどうかは知らないけど
(あるけど)
やっぱりきれいな音を出さなきゃね。

音の出し方でも、難しい箇所の弾き方でも何でもそうだけど、
「練習してできるようにしてきなさい」
と言っただけでは、生徒は困ってしまう。
だから、具体的にどのように弾いたら良いか、どのように練習をしたら良いか、という手段を教えなきゃならない。
それはピアノ教師として、とっても大切なことだ。


でもホント、ピアノの音色って不思議。
手の形や角度、腕の乗せ方、力の入れ具合、それらを色々変えることによって音色はどんどん変化する。
ピアノの内部ではハンマーで弦を叩いているだけなのにね。

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-07-14 14:33 | 指導法 | Comments(0)


<< 見本林に久しぶりに行ってきた      ゴジュウカラ >>