村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 03日

雰囲気

昨日の人志松本の〇〇な話。
お笑い好きの私だけど、現在、毎週欠かさず見ているのはこの番組だけだ。

テーマはまたもや好きなもの。

千原ジュニアは吉本興業の先輩芸人、板尾創路のことを語っていた。

「お笑い科学では測れないおもしろさ」

わかる~

昔、「ダウンタウンのごっつええ感じ」に出ていた頃から面白かった。
シンガーソングライターとか、板尾係長とか。
当時のごっつのレギュラーは、相方のほんこん、今田耕司、東野幸治など、そうそうたるメンバーだ。
その中でも異彩を放っていた。

もうこれは才能だよね。
持って生まれたもの。
努力で身につくものじゃない。
何とも不思議なオーラを持った芸人だ。


ピアニストでも何でも、舞台など人前で活躍する人は、何かしら雰囲気を持っている。
どんなことでも人気が出るには、上手い、下手よりも、雰囲気の方が重要だったりもする。
実際に見た中では、ユンディ・リはとても雰囲気がある人だと思った。
ユンディ・リは、もちろんピアノはとても上手だけど。
ショパンコンクールの優勝者、という輝かしい経歴がある。
でも、コンクールで優勝したからと言って、人気が出るかどうかは別。
肩書きだけじゃ、人気は出ない。
それは、ショパンコンクールであっても、チャイコフスキーコンクールであってもそうだろう。

コンクールとは無縁と思われるフジ子ヘミングはどうなんだろう?
たいへんな人気がある。
実演は聴いたことがないけど、たぶん舞台に出たらとても雰囲気がある人じゃないだろうか、と推測しているけど。
それとおそらく、とても美しい音色の持ち主だろうと想像しているけど。
テレビやCDの音色は、どれほど信頼できるのかわからない。

あと関係ないけど、子どもの頃に見たアントニオ猪木。
この人もたいへんなオーラを感じた、ような記憶があるなぁ。

このような雰囲気とかオーラというものは、理屈云々の話じゃない。
それこそ科学じゃ解明できないのかもしれない。


もちろん、オーラの泉でいうオーラとは全然別です。
私にはそんなの、見えません~


話を元にもどすけど、来週の人志松本の〇〇な話は

ためになる話

だそうです。
もちろん、見ます。


シンガーの動画はコチラ

板尾係長はコチラ


にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-06-03 13:06 | Comments(0)


<< かわいい~♪      ウスバアゲハふたたび >>