村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 24日

目先の幸せよりも・・・

ピアノ教師は、具体的な技術指導ができるべき。
音の出し方、音色の変え方、ミスを減らす方法、弾きにくい箇所の解決法。
構え、動き、筋肉の使い方、脱力の仕方、等々、様々な角度からのアドバイス。
表現を教えるにも、技巧的な面からのアプローチができた方が良い。

それを軽視してピアノに取り組むと、いずれ行き詰まる。
かつては周りから神童と言われ、コンクール入賞歴も輝かしい、、、
ところが曲の難易度が上がってくると、徐々に太刀打ちできなくなる。。。
そういうピアノ学習者も多いと聞く。。。

弾けるようになるか否かは、奏法の違い。
奏法を無視しても弾けるようになるのは、手指の運動能力が高い、ほんの一握りの人だけ。
逆に言うと、奏法がちゃんとしていれば、誰でも弾けるようになる。
かくいう自分も手指の運動能力はそれほど高くないし、手も大きくない。
それでもソロリサイタルを3度できたのは、奏法のお陰。

奏法は変えられる。
自分も変えてきた。
変えようという勇気、そして強い意志があればきっと大丈夫。
もちろん大人からでも、変えられます。


a0114742_16263309.jpg












by asahimamegoo | 2018-12-24 18:29 | 指導法


<< 仕事納め      明日からすこしずつ、明るくなるさ~ >>