村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 15日

楽に指を開くには

手が小さい人がピアノを弾くのは、大きい人と比べると不利ではある。

たとえば、1オクターブがギリギリ届く人が、ショパンの英雄ポロネーズの左手のオクターブの連続する箇所を弾くと、、、
腕の外側の筋肉、伸筋(たとえば総指伸筋)に痛みが発しやすい。
原因は、指を開いている時に伸筋が力んでいるから。

だから、伸筋以外の筋肉を使って指を開けばよい。
手の内側の筋肉、屈筋を使う。
そうすれば、楽に指を開けるようになる。(もちろんそんなに単純ではないが、ここではヒントだけ)

ピアノによる手の故障で最も多いのは、おそらく、腱鞘炎。
腱鞘炎は、伸筋の酷使で起こる。
特に、指で鍵盤を追いかけると、使わさる(おなじみ北海道弁)のは、伸筋。
また、指を分離させようとしても、動かさる(ふたたび北海道弁)のは、伸筋。
その伸筋を使わない方が、ピアノを弾くのが楽になるし、腱鞘炎になることはない。

管楽器で腱鞘炎、という話も聞いたことがある(私が聞いたことがあるのは、フルートとサックス)
原因はおそらくピアノと同じ、伸筋の酷使でしょう。
楽器演奏で指を動かすには、それに相応しい筋肉とそうでない筋肉とがある、ということ。

a0114742_12574986.jpg
これらのカエデの葉は、ワタクシの手よりも大きい。。。
でも、このハチに手を刺されたら、腫れて大きくなって1オクターブが余裕になるかも???(やめとけ)
このハチの種名はわからないが、小型のスズメバチの仲間。。。
刺されないよう、気をつけましょうね~










[PR]

by asahimamegoo | 2018-10-15 14:12 | ピアノ奏法


<< 元気です~      季節はずれのクリスマスツリー >>