村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 09日

いずれはショパンのエチュードを

レッスンで意識しているのは、これ。
もちろん、24曲すべてを全員が弾けるわけではない(もちろんワタシもすべては弾けない)
趣味であっても、そのうちのどれか一つ、黒鍵でも、革命でも、別れの曲でも、弾けるようになってくれれば、と思ふなり。

ショパンのエチュードを弾くには、奏法が絶対に大事。
指の分離、とか、ハイフィンガーとか、そういう奏法だとほぼ弾けないし、ヘタすりゃ手を故障する。
それで弾けるのは生まれつき指の運動能力が高い人。
ワタクシ自身もそれほど高い運動能力じゃないし、それで弾ける気はしない。
逆に奏法がちゃんとしていれば、誰でもショパンのエチュードのどれかは弾けるようになる、という確信がある。

それにしても、エチュードって(^_^;)
日本語に訳すと、練習曲。
ツェルニーやブルグミュラーのエチュードは、他の芸術作品を弾くための準備として取り組む、まさに練習曲。
でもショパンのはどう考えても、作品そのものを弾くことが高い目標。
どれも超絶難しく、芸術作品としても素晴らしい。
200年近くも昔に、とんでもない曲を作ってくれた(^_^;)

逆に、ショパンのエチュードを弾くテクニックがあれば、どんな曲でも弾けるかも。。。
バッハも、ベートーヴェンも、ラフマニノフも、ジャズも、アナ雪も、ポニョも。。。


a0114742_12035275.jpg
オオアカゲラのオス。










[PR]

by asahimamegoo | 2018-10-09 22:26 | 指導法


<< 大雪山の冠雪      ど根性 >>