村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 19日

ピアノの音色が嫌いだった・・・

「子どもの頃、ピアノの音色が嫌いだった。
ピアノを習うよう勧められてはいたけれど、習う気になれなかった」

同世代の人から直に聞いた話。

ピアノの音色が嫌いだった理由は、哀しいけれど、わかる。。
かつては、指を高く上げる、鍵盤の底までしっかり弾く、という奏法の指導が多かった。
これだと音が割れるし、伸びない、響かない、良い音は出ない。
そういう音ばかり聴いていると、ピアノの音に魅力を感じないのは無理もない。
音色が大事なのは、どんな楽器にも共通すること。
ピアノが例外であるはずがない。

「でも、先生の音を聴いてから、ピアノが大好きになりました!!!」

うん、素直に嬉しいっす。
褒められたら伸びるタイプだしw

もちろん世の中には、ワタクシより遥かに美しい音色で弾くピアノ弾きが、プロアマ問わず多数存在する。
これからも、もっともっと良い響きを求めて、日々研究。。


a0114742_13520393.jpg








[PR]

by asahimamegoo | 2018-09-19 21:36 | ピアノ


<< 本番が楽しみ      大切なテスト前だが、、、 >>