村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 15日

体罰とか、、、パワハラとか、、、

一部のスポーツ界では、体罰やパワハラが問題となっているが。
私も思うところがある。
音楽業界も、昔はそういうことがあったらしい。

手をピシャッと叩かれる、、、
ティッシュの箱が飛んでくる、、、
手が痛くなっているにもかかわらず練習を強要する、、、

今は体罰と言われる行為。
でも、それが当たり前の時代があった。
その影響か、ピアノの先生=恐い、と思い込んでいる人もいる。
でも今のご時世。
さすがにそういう教師は減ったと思う。
やさしいピアノの先生もたくさんいる。
・・・ワタクシとか(自分で言うな)
だからみなさん、もっと気楽にピアノを習いに行きましょう~笑

教える者と習う者、慣れ合いだと生徒は成長しないので、その辺のバランスがとても難しい。
指導者が素晴らしいスキルを持ち、レッスンで生徒を楽しませ、練習のやる気を満ち溢れさせ、ぐんぐん上達する、なんてのは理想中の理想。
それらすべてを同時に実現させるのは、ホント、難しいっす。

もちろん、厳しくすることも、時には必要。
ホトケのワタクシ(ほっとけ)も、音大を目指す人に対してとか、発表会前の追い込みの時期など、ちょっとくらいは鬼になるw
ただし、厳しい言葉をかけるのと、言葉の暴力はまったくの別物。
音楽で、心を育てる。
音楽で、情緒を培う。
言葉の暴力が行き過ぎると、心が荒み、情緒を壊してしまうかも。。。

マンツーマンで生徒と対峙する我らの仕事。
その影響力は、意外と大きい。
責任重大です。



a0114742_08351238.jpg

トリカブト。
先月下旬、天人峡にて撮影したもの。
もちろん、猛毒。

毒舌に注意。。。










[PR]

by asahimamegoo | 2018-09-15 21:05 | 指導法


<< 見ごろじゃなくても      とるべき態度 >>