村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 13日

羊と鋼の森、見てきました。

羊と鋼の森、見てきました。
とても良い映画でした。
旭川界隈の知っている場所や見慣れた景色もたくさん出てきたし。
ピアノに馴染みのない人でも楽しめると思います。
みなさまもぜひ!

映画の詳しい感想については、書かないことにしておきましょう。
見てのお楽しみ、ということで。
代わりというわけではないが、宮下奈都さんの原作のことをほんのちょっと。

映画のロケ地は旭川市とその近郊だったが、原作は十勝地方の田舎をイメージしながら私は読んだ。
で、映画では描かれていなかったが、原作には、カササギ、という鳥が出てくる。
カササギは、北海道では苫小牧とその周辺に棲息する。
十勝地方には、いないと思われる。
羽が小さく遠距離移動が苦手で、分布を広げられないのだそうな。
苫小牧は海辺の街だが、原作からは海を想像できない。
まぁ、物語だから、ね(笑)

ちなみにカササギは、日本全国を見渡すと、苫小牧以外は、佐賀県とその周辺地域にのみ棲息する。
日本には元々いなかった鳥で、豊臣秀吉が朝鮮半島から持ち込み、それがのちに帰化したという説がある。
北海道のカササギは、ロシアの貨物船か何かに乗ってやってきたとか。。。
DNA鑑定で、北海道のと九州のはルーツが違うことはわかっているらしい。

ワタシ自身、カササギは、九州へ旅行に行った時、車を運転している時にチラッと見かけました。
ガチ見はしてません、危険だからw
写真はもちろん、、、写せませんでした。

ちなみに映画の森の中のシーンでは、シジュウカラとアオジの鳴き声が聞こえました。。。
何を気にして見ているんだ、とツッコまれそうだがw


a0114742_17084604.jpg

ヒメウスバシロチョウ。
サクラソウ(たぶん)でお食事中。


こういう映画をきっかけに、ピアノに興味を持ってくれる人がすこしでもいてくれれば。
本屋大賞をとった原作も素晴らしい。
こちらもぜひ。









[PR]

by asahimamegoo | 2018-06-13 17:17


<< ロシア・・・      子どもの練習時間 >>