村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 01日

そういえばコイツは、実の親が誰だか知らない・・・



a0114742_10020786.jpg

カッコウが空を飛ぶ。
遠くてわかりにくい・・・(^_^;)
でも間違いなくカッコウ。
鳴いてたから。
声で間違えるはずがない。。。

カッコウは他種の鳥の巣に卵を産み、その鳥に我が子を育ててもらうという、いわゆる托卵を行う。
だから実の親はもちろんのこと、実の子のことも知らない。。。
全世代が育児放棄。。。

ちなみにここにはオオヨシキリがたくさんいる。
このカッコウの育ての親も、オオヨシキリである可能性大。

一般的に子育てするのは、哺乳類と鳥類。
ほかはほとんど、卵を産んだらほったらかし(例外もいる)
子育ては進化の過程で獲得した行動だと思うが、どうしてカッコウみたいな鳥が誕生したのだろう?

こういうところもおもしろい。
だから鳥見もやめられない。










[PR]

by asahimamegoo | 2018-06-01 10:33 | 野鳥 | Comments(0)


<< 初夏      聴くのも見るのも、実物にはかな... >>