「ほっ」と。キャンペーン

タグ:キビタキ ( 23 ) タグの人気記事


2016年 07月 25日

発表会終了~!

発表会、無事に終了いたしました!
多くの方に支えられ、良い演奏会になったと思います。
本当にありがとうございました!

自分も生徒の演奏にハラハラドキドキし、伴奏あり、最後にソロあり。
疲れたけれど、心地よい疲れ。
美味しいお酒を飲めました!


そしてまたまた恒例の、ナレーションの小ボケ。。。
今回はこんな感じ。。。

携帯電話、スマートフォン、目覚まし時計、たまごっちなど、音の出るものの電源をお切りください。

これはいつもどおりwww

そして、、、

ポケモンGOは会場にはいません!

・・・これはウケたらしいですwww


来年もまた、ナレーションのボケを真剣に考えたいと思います(おい)


a0114742_12564156.jpg

さて、今日明日は仕事がお休み。

でも、また近々ソロを弾かなきゃいかんので、練習はしとかなきゃね。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2016-07-25 13:04 | 発表会
2016年 07月 15日

真夏のキビタキ

今は比較的、森の中が静か。

キビタキの声だけが聞こえていた。



a0114742_13261934.jpg

さて、発表会まで10日を切りました。

みんな頑張るよ~




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2016-07-15 13:30 | 野鳥
2016年 06月 25日

人と人

ピアノのレッスンは、基本週1回。
あとは自宅での練習。

その週1回のレッスンする上で大切なことは、次のレッスンまでの具体的なテーマを伝えること。
練習方法だったり、気をつけるべきポイントだったり。
それをキッチリとこなしてくるかどうかは生徒次第、、、と言ってしまうのはちょっと乱暴。
指導者の説得力だとか、生徒との信頼関係ってのがモノを言う。
どんなに立派なことを言っても、結局、信頼関係がないとそれが伝わらないのだ。

人を大切にすることで良い指導ができるし、良い音楽を奏でられる。
もちろんこれは音楽家に限らず、誰にでも言えることなんだろうなぁ。
当たり前のことだけど。


a0114742_20020322.jpg
キビタキのオスの居る風景。。。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2016-06-25 20:06 | レッスン
2016年 06月 16日

忙しいのね~

最近、ブログ更新が滞っている理由は、、、

写真の在庫が少ないだけw

発表会が近くて忙しくて写真を撮りにいけないのも理由の一つ。。。

天気も悪いし。。。



a0114742_18294444.jpg

5月22日撮影の、キビタキ。

そろそろ在庫も底を尽きつつあり(^_^;)


明日の午前は仕事がない、、、でも、天気は雨。。。

ピアノを練習しときますか。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2016-06-16 18:35 | 野鳥
2016年 05月 17日

今時期は忙しい(^_^;)

忙しいというのは仕事のことじゃなくて(^_^;)

野鳥探すのに上を眺め、昆虫を探すのに下を眺め。。。

時には春の野の花を眺め。。。

でもやはりワタクシは、動くものを追いかける。。。


a0114742_17015967.jpg

キビタキ。

う~ん、きれい~



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2016-05-17 17:06 | 野鳥
2016年 05月 05日

キビタキ

ヒタキ科の鳥に会うと、テンションが上がるわ~



a0114742_12580192.jpg


でもこれから、飽きるほど会うことになりにけり。。。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2016-05-05 12:59 | 野鳥
2015年 05月 28日

元気に囀る




a0114742_21434990.jpg

キビタキ。





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川の情報はこちら。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
↑ピアノや音楽の情報はこちら。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
↑柴犬ナナコに清き一票を(笑)




[PR]

by asahimamegoo | 2015-05-28 21:54 | 野鳥
2015年 05月 09日

キビタキ

ヒタキ科の中では、もっとも身近な鳥かもしれない。




a0114742_13571252.jpg


キビタキ、ようやく今季初お目見え。


役者が揃ってきた。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川の情報はこちら。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
↑ピアノや音楽の情報はこちら。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
↑柴犬ナナコに清き一票を(笑)



[PR]

by asahimamegoo | 2015-05-09 13:59 | 野鳥
2014年 06月 05日

Cool Chopin

近年は、Cool Japan なる言葉がよく使われる。
言うまでもなくこの場合の cool は涼しいではなく、素敵な、とか、かっこいい、と訳す。

wikipediaの冒頭をそのまま引用すると、
日本の文化面でのソフト領域が国際的に評価されている現象や、それらのコンテンツそのもの。
漫画とかアニメはもちろん、最近はAKBなんかもそうかもしれない。


19世紀後半には、日本の浮世絵が当時のヨーロッパの人たちに衝撃を与えた。
モネやゴッホの作品にも影響を与えたとも言われているし、彼らは浮世絵の模写もしている。
また、ドビュッシーは交響詩「海」のスコアの表紙に、葛飾北斎の富嶽三十六景の「神奈川沖浪裏」を使用したのは有名な話。
これもまさに、Cool Japan


ちなみにショパン自身と日本文化との関わりは・・・ほとんどなかったのでしょう。
1810年生まれ、1849年没だから、その頃日本は江戸末期だが、まだ鎖国の真っ最中。
パリ万博よりも少し前の時代。
歴史に if はタブーだと言うけれど、もしもショパンが日本の文化に少しでも接していたら、作風はどうなっていたのだろう?
とアリエナイことを考えてみるのも一興。

ちなみにショパンの作品、実際に弾いていて、cool、と思ってしまう個所がたくさん出てくる。
たとえば有名なノクターン第2番 Op.9-2 の、こんな箇所。(楽譜はパデレフスキー版)


a0114742_11001597.jpg
555、とか、5455、とか。

こういう指使い(運指)が出てくると、弾いているワタクシは思わず、cool、と心の中で叫んでしまう。(声には出しませんよ)
数年前なら「欧米か!」というツッコみがよく似合う。。。

私が思うに、指を少し伸ばし気味にしてこの指使いで弾くと、手指の見た目が美しいのである。
ショパンご自身が、弾いている時の手指を見られることを意識していたかどうかは、もちろん知らない。
でも、少なくとも合理性を追求した指使いではないような気がする。
もっと素敵で、美しい指使い。
これこそまさに、タイトルの、Cool Chopin???

もちろん、他にも色んな説があるのは知っているし、それらもみんなその通りなのでしょう。
これはあくまで、私自身が感じていることを素直に書いてみたということです。

ただ、この指使いで弾いているピアニストは、あまり見ないのだが。。。




ヴァレンティーナ・リシッツァという、ウクライナ出身のピアニストの演奏。
運指は楽譜とは異なるが、でも、弾いている手指の形はなかなか美しい。


a0114742_11374698.jpg
キビタキのオス。
これだけ派手な色をしているのは、繁殖の時期にメスの気を引くためか。
これもまさに、見た目が cool ???

メスはこんなに地味ですから。。。

a0114742_11402291.jpg

・・・ちなみに今日も暑い旭川。
旭川ももう少し cool になっていただきたいものです。。。(この場合は涼しくなってくれということでございます。。。)



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
↑ピアノや音楽の情報がたくさん。


[PR]

by asahimamegoo | 2014-06-05 11:47 | 作曲家
2014年 05月 22日

好敵手

はるか昔、古代インドで「チャトランガ」というボードゲームが誕生した。

チャトランガとはサンスクリット語で、「4つの要素」という意味らしい。
4つの要素とは、象、馬、車、歩兵のことだと伝えられているそうな。

それが長い時代を経て世界に広まり、ヨーロッパに伝わったものはチェスとなり、日本では将棋となった。

将棋とチェスは似ているけれど、駒の種類も数も異なる。
でも、最大の違いは何と言っても、将棋独特の、奪った駒を持ち駒として再利用できるというルール。
これのお陰で、将棋は内容がより複雑化し、より面白いものになっている。
そして、良い意味で日本人的な発想から生まれたルール思う。
私は「日本的」とか「日本人的」という言葉を、もっとポジティブなニュアンスでも使いたいのだが。

・・・

羽生、と書いて、フィギュアスケート界では「はにゅう」と読むが、将棋界では「はぶ」と読む(おい)

将棋の最高峰は、おそらく名人戦。
昨日、羽生善治王位が、森内俊之名人を下し、名人位を奪回した。

この二人、同い年にして、小学生の頃からのライバル関係というのがすごい。
実力が拮抗した好敵手の存在が、二人が長いこと将棋界のトップで君臨し続ける原動力になっているのでしょう。
そしておそらく、将棋そのもののレベルも底上げしているのではないだろうか??

a0114742_12060474.jpg
この鳥は、キビタキのオス。
尾羽を立てて、戦闘態勢に入っているのかな?

春の今ごろの時期、キビタキのオス同士が、ブーン、というスズメバチのような羽音を出して、縄張り争いを繰り広げている。
ライバルに勝ち、自らの遺伝子を残すため、彼らも必至。

このように切磋琢磨することで、より生命力の強い子孫を残し、種が繁栄していくんだろうね。

・・・多少強引にまとめてみました。。。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川市の情報がたくさん。




[PR]

by asahimamegoo | 2014-05-22 12:19 | 文化、歴史