ピアノ教室の風景

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 25日

和時計を作っていた素晴らしい職人達

江戸時代は、現代日本の世界最高峰の精密機械工業の技術の源になるものが存在する。
それは、和時計を作っていた時計職人達。


江戸時代は現代と異なり、「不定時制」を使用していた。
現代は、「定時制
一日を24時間に均等に分割したもの。


不定時制」は、日の出から日の入、日の入から日の出までを、それぞれを別々に6等分していた。
江戸時代までの時刻の呼び方は、深夜0時から順番に、十二支の
子、丑、寅、卯、辰、巳、午、羊、申、酉、戌、亥
と、時刻を分割していた。
日の出は卯の刻、日の入は酉の刻
深夜0時は子の刻、昼の12時は午の刻
そういえば、昼の12時は、正午、と言う。


不定時制」だと、季節によって日の出の卯の刻と日の入の酉の刻は変化する。
夏になると昼が長く、冬になると夜が短い。
一刻の長さも、季節によって変化する。
例えば、夏至の日の真夜中の子の刻の長さは、昼間の午の刻よりもずっと短くなる。
冬至の日は、それと全く逆になる。


季節によって変化する昼夜の長さに対応するには、複雑な機構が必要だ。
それを時計職人達は、工夫に工夫を重ねて、日本独自の不定時制対応の「和時計」を完成させた。


有名なのは、田中久重が作った「万年時計」
2005年に愛知万博で展示されて話題になったそうな。


そういう時計職人達が、明治維新後、日本の近代化に大きく貢献したそうだ。
和時計の複雑な構造を作った人達だから、留学して様々な機械の構造を見ても、すぐに理解し、造ることができたそうだ。


日本人はマネばかりで独創性が無い、と言われることがある。
でも、時計職人達のことを考えると、とてもそんなことは考えられない。
明治以降の近代化は、こういう時計職人達の技術の蓄積が無かったらあり得なかった。
しかも、あっという間に技術では欧米を追い抜いたのは、長年培われた日本人の教養や技術の蓄積の賜物だろう。
江戸時代は、学問にしても芸術にしても、独創の宝庫だった。
歴史の教科書にも、こういうことをもっと載せれば良いのに。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へ
↑和時計職人達に敬意を表してクリックしましょう
[PR]

# by asahimamegoo | 2009-02-25 10:04 | 文化、歴史
2009年 02月 24日

そろばん

私、そろばんは経験は無いけど、日本の素晴らしい伝統の一つだ。
昔から、読み、書き、そろばん、と言われてきた。
江戸時代の寺子屋からの伝統だろう。

江戸時代の日本は世界トップクラスの数学大国だった。
それにそろばんは大きく貢献していたのではないだろうか?

そう言えば私が子どもの頃は、周りにはそろばんを習っていた人がたくさんいた。
最近はどうなんだろう?
小学生の頃にそろばんを習うのは、とても良いんじゃないかな?
ピアノと共に、そろばんを。
なんてね。

若い時は電卓なんかに頼らない方が良いよ。
鉛筆とか、そろばんを使ってコツコツ計算をする。
その方がきっと、脳みそが活性化することでしょう。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へ
↑そろばんって、こんなカタチ
[PR]

# by asahimamegoo | 2009-02-24 09:34 | 文化、歴史
2009年 02月 23日

トリノオリンピックで最も感動したこと

2006年のトリノオリンピックで、フィギュアスケートの荒川静香が金メダルを獲得した日のお話。
その当時小学生だった生徒のレッスンの時、当然の如く、その子のお母さんと、金メダルの話題で盛り上がった

「荒川静香、素晴らしかったですね~」

「イナバウアー、美しかったですね~」

「思わず涙が出ましたよ」

その会話を聞いて、生徒が言った一言

「大人って、わかんないな~」

私は荒川選手の金メダル以上に、このセリフを子どもの口から実際に聞けたことに感動した…か?

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へ
↑感動した人、クリックしてね~
[PR]

# by asahimamegoo | 2009-02-23 10:28 | レッスン
2009年 02月 22日

WBCの代表メンバー決定

ワールドベースボールクラシックの、代表メンバー28名が決まったようだ。
西武の岸投手が選ばれなかったなぁ。
原監督は、昨年の日本シリーズで岸にコテンパンにやられていたからね。
貴重な戦力と考えていたに違いないと思っていたんだけど。
コンディションが良くなかったのかな?
選ばれた精鋭達は、優勝を目指して是非とも頑張ってほしい。


北海道民の私としては、田中マー君が選ばれたのは喜ばしい限りだ。
日本ハムの選手にも頑張ってほしいな~
また地元びいきが出ました~


ただ、野球って、本来はWBCのような短期戦には不向きなんだろうね。
トーナメントにも向いていない。
プロの選手は、一年間通して戦って、トータルで順位が決まる、というシステムに慣れている。
先攻か後攻かによっても、有利不利があるだろう。
WBCのようなシステムの場合、運にも大きく左右されそうだ。


高校野球はトーナメントで良いと思う。
このことは、甲子園のシーズンに気が向けば書きます。


何にしても、とても楽しみだ。
今回はメジャーリーガーもたくさん入っているけど、日本のプロ野球選手のレベルの高さを見せてほしい。
そして、怪我をしないで、優勝を勝ちとってきてほしいね!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へ
↑日本代表を応援しよう
[PR]

# by asahimamegoo | 2009-02-22 17:40 | 野球
2009年 02月 22日

サンソン・フランソワ

You Tubeって、すごいですよね~
様々なジャンルの映像を無料で見られるからね。
著作権とか、どうなっているんだろう?

で、タイトルのサンソン・フランソワのピアノ演奏をYou Tubeで見た。
フランソワは、1924年生まれ、1970年に亡くなったフランスのピアニスト。
学生時代、好きでよく聴いていたピアニストだから、何となく検索してみたら、たくさん出てきた。
カタカナではなく、アルファベットでSamson Francoisと検索した。

私が見たのは
ドビュッシーの「レントよりなおゆっくりと」
ラヴェルの「ピアノ協奏曲」
他にもあるけど、まだ見ていない。

弾いている姿は、背筋が伸びて姿勢がよく、顔の表情はほとんど変えない。
ちょっとうつろな表情にも見えなくもない。
指はピンと伸びた形で弾いていた。
奏法は、いわゆる脱力奏法、重力奏法、というものを駆使していると思われる。

その顔の表情とは裏腹に、音楽の表情は実に豊かだ。
それでいて実に個性的。
フランソワ節、とか言われていた独特の歌わせ方。
酒好きな人だったらしく、時には酔っ払っているようにも聴こえなくもないが…
私はそれにすごくひきつけられる。

フランソワは、楽譜に書いてある指示記号を頻繁に無視する。
しかも、音まで変えちゃうこともある。
それと、細かいところも、時には大雑把。
テクニックも多少ムラがある人だ。

でも、それを超越した魅力を持ったピアニストだったと思う。
これだけ個性的だと、好みも相当分かれるだろう。
フランソワ嫌いも、私は何人か知っているし、嫌いだ、という理由もわかる気もする。

何にしても、フランソワが演奏する姿をはじめて映像で見て、ちょっと感動したのであります。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へ
↑やっぱりショボイかな?
[PR]

# by asahimamegoo | 2009-02-22 11:51 | ピアニスト