2009年 02月 17日

大勘違い その2

私は子どもの頃、血液型を

A型

B型

O型

エビ型

だと思っていた。
小学1~2年の頃の話だけど。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へ
にほんブログ村
[PR]

# by asahimamegoo | 2009-02-17 08:46 | ボケ、ツッコミ
2009年 02月 16日

生徒を本番に送り出す時

例えばピアノの発表会。
我々は本番前、
「間違っても良いから、思いきり好きなように弾いてらっしゃい」
とか
「舞台に上がったら、堂々と」
とか
「間違っても気づかれないから大丈夫だ」
という感じで送り出すことが多い。
まぁ、音大を目指している人にはもうちょっと厳しいことを言うこともあるが、おおよそそんな感じ。


どれだけ入念に準備していても、どれだけたくさん練習しても、本番で間違えることはある。
本番に強い人もいれば、弱い人だっている。
どちらにしても、本人達は一生懸命演奏している。
だから、本番でミスしても、そのことを責めることはほとんどない。


それと、本番になるとテンションが上がって、普段の練習では出せない、大胆で魅力的なものを出してくる子がいるからおもしろい。
そういう演奏をするには、間違ったらどうしよう、と少しでも思ってしまうと難しい。
だから本番は、思いきって弾けば良い。
その方が魅力ある演奏になる可能性が高いと思う。


ただ、最近私は、こんなことも言う
「ハイキングウォーキングの鈴木Q太郎のように、堂々と弾いてらっしゃい!」
…ダメですか?


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へ
にほんブログ村
[PR]

# by asahimamegoo | 2009-02-16 12:47 | 教えること
2009年 02月 15日

R-1グランプリのサバイバルステージを見て

お笑い好きの私としては、この番組はついつい見てしまった。
みんなそれぞれおもしろかった。
私は、ナオユキ、という芸人がイチバン気に入った。
残念ながら、ファイナルには残れなかったけど。


観客が審査員、というのは、どうなんだろう。
公正な審査がどれほどできるんだろう?
馴染みのある人には、どうしても一票入れたくなるんじゃないか?
ひいきにしている芸人がいたら、例えスベッても、一票入れたくなるんじゃないかな?
アクシデントだらけだった「もう中学生」が、思った以上に上位だったし。
敗者復活とはいえ、やっぱりプロの芸人が審査した方が良いような気がする。
もちろんプロだから公正か、と言われると、わからないけど。


ただ、プロだとギャラが発生するからね…
フジテレビも制作費を少しでも抑えたいのかな?


でも、プロの芸人が審査するM-1グランプリは、公正だと思う。
例えば2007年は、当時は無名だったサンドウィッチマンが優勝した。
最終決戦に残った残り二組は吉本興業所属のキングコングとトータルテンボスだった。
ひいきがあってもおかしくない状況。
でも、吉本興業所属の島田紳助、松本人志、オール巨人の3人は、フラットファイヴ、という小さな事務所所属の、しかも無名だったサンドウィッチマンに投票した。
吉本枠がある、という噂も耳にしたことがあるけど、M-1の決勝に関しては、そういうことは無いんじゃないかな?
もちろん審査員の好みによって、審査結果が割れるのは当然だから、そこは差し引いて見なければならない。


明後日がR-1の最終決戦らしい。
仕事の時間とぶつかるので、あとで録画したものを見ることになると思う。
もし見たら、感想を書こうと思います。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へ
にほんブログ村
[PR]

# by asahimamegoo | 2009-02-15 18:53 | お笑い
2009年 02月 15日

しゃっくり

ブルグミュラーの「すなおに」
この曲を弾きながら、小学校低学年の生徒がしゃっくりをくり返す。


ソミレドソミレド…ひっく…ドラソファドラソファ…ひっく…


文字にして書くと、酔っ払いみたいだ(汗)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へ
にほんブログ村
[PR]

# by asahimamegoo | 2009-02-15 12:05 | レッスン
2009年 02月 14日

数学の重要性

私は数学が大好き。
たまにピアノの生徒にも数学を教えるけど、とても楽しい。
センター試験の数学を教えた時は、さすがに大変だったけど…
でも、高校時代に勉強していた内容を改めて復習してみると、やはり楽しかった。
それに、数学を教えてみると、ピアノを教えているだけじゃわからない、生徒の特徴が見えてくることがある。
それによって、ピアノを教えるのに役に立ったりすることも少なからずある。


何のために数学を学ぶのか?
計算力をつけることも大切だろうけど、論理的な思考能力を養うため、と、よく言われる。
その論理的思考能力は、証明問題を解いたり、公式の意味や成り立ちを理解することで養われると思う。


例えば簡単な円の面積を求める公式

半径×半径×3.14

何故、半径を二回かけるのか?
何故、円周率は3.14なのか?
その公式の成り立ちや意味を学ぶことは、とても大切だと思う。


公式を丸暗記して、それを適材適所にただ当てはめるだけ、というよりも、公式の導き出し方を知り、それを理解した方が覚えられるし、数学の醍醐味に近づくと思う。
論理的思考、というのは、日常生活を送る上でも、とても大切な思考回路だと思う。
できるだけ若いうちにそういう訓練をして、少しでも養っておいた方が良いと思う。


もちろん、小学校低学年の頃は、それは難しい。
掛け算の九九は丸暗記だし、覚えるだけでも良いだろう。
ただ、理解力がついてくる、中学、高校以降は話は別だと思う。


公式をただ当てはめれば良い、という学び方だと、その場限りの知識で終わってしまうのではないか?
ベクトル、三角関数、微分積分など…それらの意味を理解しながら学習していくと、後に公式や解き方を忘れても、生きていく上での「知恵」として残るんじゃないかと思う。
大雑把でも良いからそれらの意味を知り、理解しながら勉強することが、論理的思考能力を養うことにつながると思う。


理系離れが問題になっているらしいが、真実ならば少々寂しい。
少なくとも日本の世界に誇る、自動車、電気機器、製造業などは、優秀な理系の人材によって支えられている。
数学をもっと楽しく学ぶためにどうしたら良いのか、真剣に考えなければ。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へ
にほんブログ村
[PR]

# by asahimamegoo | 2009-02-14 16:43 | 勉強