「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 05月 ( 68 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 31日

絶品!よもぎアイス

旭川空港のすぐ近くにある、

アイス工房 田村ファーム

よもぎアイスが絶品♪

a0114742_2015989.jpg


ピンクはストロベリー。
よもぎだけに、春限定。

他のメニューもたいへんおいしい。

絞りたての牛乳を使用したというソフトクリームもとても美味しいですよ~

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-05-31 20:22 | グルメ
2009年 05月 31日

練習の順序、そしてハノンのことを少しだけ

私のピアノの練習の順序は…

本番が近い場合は、本番で弾く曲をいきなり通す。
本番では、準備運動無しにいきなり弾くことが多い。
リハーサル室などで事前練習はできるけど、時間は限られる。
だから、いきなり曲を弾く。

その後に、苦手な箇所、うまくいかなかったところを部分練習。

まぁ、本番が近かろうが遠かろうが、最初に指慣らしの準備運動のようなことはしない。
まずいきなり曲を弾く。
例えば、いきなり何か弾いて、と頼まれた場合、そこで指の準備運動をするわけにはいかないし。

ハノンのようなことをするとしたら、それは練習の最後にやる。
でも、ハノンと言っても、音階かトリル。


ハノンに関しては、色々と考える所があるけれど、今回はそれに関しては詳しくは書かないことにします。
いずれ書いてみたい。

ハノンは扱いが難しい。
特に子どもの場合。
ハノンに固執すると、ピアノをキライになっちゃう…かもしれないからね。

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-05-31 16:34 | 練習
2009年 05月 30日

春の蝉

神居古潭にて。
エゾハルゼミを発見。
a0114742_2045740.jpg

下の記事で、神楽岡公園にはオオルリがたくさんいて、声が目立つと書いたけど…
今はエゾハルゼミがあちらこちらで鳴いている。
小さな体なのに、賑やかだこと。
もしかすると晴れている日は、エゾハルゼミの鳴き声に消されて、オオルリの声はよく聞こえないかもしれない。

そういえば、下の記事のオオルリを撮影した日は、曇り空で気温も低かった。
この日はセミの声は全然聞こえなかったなぁ。

しかしまぁ、エゾハルゼミ。
大きな声だなぁ。
小さな体なのに、すごいわ。

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-05-30 20:59 | 昆虫
2009年 05月 30日

神楽岡公園にはオオルリがたくさんいる

神楽岡公園。
街中から比較的近いのに、自然がたくさん。
最近は、オオルリがたくさんいるようだ。
a0114742_17282384.jpg

日本三大鳴鳥といわれるだけあって、美しい鳴き方をする。
オオルリの鳴き声はコチラから。

様々な鳴き声が聞こえてくるけど、オオルリのは目立つからすぐに区別ができる。
旭川市内にお住まいの皆さんは、声だけでも聞きに行ってみてはいかがでしょう?

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-05-30 17:35 | 野鳥
2009年 05月 29日

日本酒が飲めなくなった

SMAPの草彅剛くんが、テレビに復帰した。
表情も明るくて何よりだ。
良かったなぁ。

例の事件、確かに褒められるものではないけど、大したことではない。
そもそも、何故逮捕されたんだろう?
酔っ払って、よほど暴れたのかな???

あと、家宅捜索。
大麻や覚せい剤を疑ったのかもしれないが、それならば尿検査とか血液検査をして、反応が出たのなら家宅捜索に踏みきればよかった。
結局何も出てこなかったらしく、草彅くんが健全であることが証明された。
今回の事件(てほどでもないと思うが)を糧に、これからますます活躍してほしい。

それにしても、草彅剛、の「彅」という字。
ネットだと、いまだに「草なぎ剛」という表記だ。
でも、これだけの人気者なんだから、漢字表記をしてはどうだろう?
簡単にできそうだけど…
携帯サイトでこの記事を見たら「?」になっているかもしれない。
ちなみにこの記事の「草彅剛」の文字は、ウィキペディアからコピーして使っている。


で、草彅くんの話題からつなげて、酒の話(笑)
私はお酒は、まぁ普通に飲む。
普段は週に3~4日。
ビールばかり。
量は多くない。
ビール以外は、ワインくらいしか飲めない。

20代の頃は、日本酒が好きだった。
でも、30を過ぎた頃から、日本酒を受けつけなくなってしまった。
理由はわからない。

体調の変化は無い。
むしろ、体調は良い。
病気も滅多にしない。
健康だと思う。

まぁ、こういうこともあるんだね。
いずれまた日本酒をおいしく飲める日が来るのかなぁ?

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-05-29 19:42 | 日常
2009年 05月 29日

ピッコロ大魔王?

4~5日前に撮影した、ミドリニリンソウ
a0114742_10585223.jpg

普通のニリンソウの突然変異といわれている。


コレを見て、ピッコロ大魔王を思い出してしまうのは、私だけ?



はいはい、私だけですね。
ゴメンなさい~

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-05-29 11:13 | 植物
2009年 05月 28日

センダイムシクイ

このかわいい小鳥
a0114742_21405689.jpg

見た目とは裏腹に、名前は

センダイムシクイ

虫を食うから、ムシクイなの?
実際、主食は昆虫などで、樹上を徘徊しながら、葉っぱの裏にいる虫を捕食するらしい。

でも、もっと良い名前がほしかったよねぇ

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪


ちなみにこの鳥、エゾムシクイの可能性もあります。
この写真だと、ちょっと区別がつけられないけど、エゾムシクイは夏に日本に飛来する、という話なので、たぶんセンダイムシクイでしょう。

[PR]

by asahimamegoo | 2009-05-28 21:53 | 野鳥
2009年 05月 28日

ラン・ラン・ラーン♪

5月25日深夜、NHKのBS2で放映された
「ラン・ラン アット シェーンブルン宮殿」
中国人ピアニスト、ラン・ランが、ズービン・メータ指揮のウィーンフィルハーモニー管弦楽団と共演した野外コンサート。
私はいつも、深夜0時頃は大体眠っているから、録画して見た。
全部ではないけど。

ショパンのピアノ協奏曲第2番は、まだ見ていない。
オケの曲もまだ見ていない。
いずれ見る。
今のところ見たのはアンコールだけ。

ラン・ランを見ていると、何だか愉快な気分になってくる。
ホント、タイトルみたいな感じ。
アンコールでは、リストのハンガリー狂詩曲の第2番を弾いていた。
編曲されたものだった。
誰の編曲かは知らないけど、ただでさえ難しいこの曲を、さらに難しくして弾いていた。
番組では誰の編曲かは紹介されていなかった。
ラン・ラン本人の編曲だろうか?

ちなみにこの曲、途中がカットされていた。
…やらかしちゃったのかな?
真相はいかに?


もう一曲は、ウィーンフィルのアンコールの演奏の後。
指揮者のメータが自らピアノの蓋を開け、ラン・ランに弾くように誘導していた。
これはサプライズなのか、それとも演出なのか?
ラン・ランが弾いた曲は、英雄ポロネーズ。

以前もブログでラン・ランの英雄ポロネーズのことは書いたけど、印象はそれほど変わらない。
暴れん坊将軍。
ピアノが壊れるほどの威勢のよさ。
ところで、この曲の45小節目の部分。
77小節目、167小節目もまったく同じだが、すべて1オクターブ下を弾いていた。
コレはワザとなのか、それとも間違えたのか?
わからない。
他も、楽譜の指示を無視する箇所はたくさんあった。
そういうことが気になってしまうのは、私の職業病だ。

でも、そんなことは関係ない。
観客は大熱狂。
ウィーンフィルの楽団員も、ニコニコしながら拍手を送っていた。
この笑顔は本物かな???
でも、そういう雰囲気、オーラを持ったピアニストなんだろう。

ただ上手なだけでは、お客さんは熱狂はしない。
雰囲気。
聴いている人を惹きつけるには、とても大切な要素だ。
もって生まれたものなんだろうね。

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-05-28 15:30 | ピアニスト
2009年 05月 28日

勝ち運?

昨日の中日と楽天の試合。
先発の田中マー君こと田中将大投手、昨日も勝って7試合登板して7勝目。
お見事。

今年はピッチング自体が見事なんだけど、相変わらず勝ち運もある。
昨日は降板した後の8回裏、後続のピッチャーがノーアウト満塁のピンチを招いたが、それを有銘投手が0点で抑えた。
これはマー君が持っている勝ち運なのかな?

マー君はルーキーの年から、そのような運を持っていた。
野村監督も、
「マー君、神の子、不思議な子」
と言っていた。

マー君はチーム内でも先輩達にかわいがられていて、チームメイト達が、マー君が投げているから打ってやろう、とか、マー君に勝ちをつけるために抑えてやろう、とか、そのような気分でプレーしているのかもしれない。


運、というのは、案外バカにできない。
例えばマージャン。
長いことやってないなぁ…

マージャンの強い弱いって、もちろん打ち方の上手さとかはあるが、運の要素もある。
引きの強い人っている。
引きの強い日もある。
その逆もある。
コレって何なんだろう?
まぁ、偶然なんだろうけど、必ずしもそうじゃないような気もする。


それにしても、昨日の勝ち方。
実力だけでなく、運も持っている。
面白いことになってきた。

あとは、怪我と病気には気をつけて、頑張ってほしい

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-05-28 13:10 | 野球
2009年 05月 27日

阪神ファンと甲子園

昨日の甲子園球場での阪神と千葉ロッテとの交流戦。
24日の試合が雨天中止になったことによる振り替え試合。
その観客動員数は、2万6680人。
普段は4万人を超える甲子園球場での阪神戦では、5年ぶりに2万人台だったらしい。

でも、前日25日から売り出されての2万人超え。
平日にもかかわらず、この人数は逆にすごい。
他の球場だと、こんなに入るだろうか?
阪神ファンのすごさを感じる。

以前、阪神が低迷していた頃も、甲子園には客がよく入っていた。
何年も連続で最下位を繰り返していても、ファンは見捨てない。
阪神タイガースというチームそのものが、大阪をはじめ、関西の文化の一つになっている感じがする。

また、大阪というのは、実にユニークな街だ。
「笑い」が代名詞になっている街なんて、世界中に他にあるだろうか?


ところで、甲子園球場の、「甲子」という名称。
これは、球場が建設された1924年が、十干十二支でいう甲子の年だったから、甲子園球場と名づけられた。

十干十二支は、干支のこと。

十干とは、
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

十二支は、一般によく知られているねずみ年からはじまる、
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

干支は一般的には十二支だけで言われるけど、本来は十干と組み合わせた十干十二支なんだって。
ちなみに今年は丑年だけど、十干を合わせると、己丑の年、なんだそうな。
「つちのとうし」もしくは「きちゅう」と読むそうな。

例えば、西暦672年に起こった、壬申の乱。
大海人皇子が大友皇子を破った戦い。
これも、672年が壬申の年だったから、こう呼ばれる。
この年は元号が無かったから、十干十二支から名づけられた。
大化の改新とか、保元の乱とか、慶安のお触書とか
みんな元号からとった名称だ。

ちなみに壬申の乱、主戦場は、あの関ヶ原だったそうです。

十干十二支、干支の詳しい説明はコチラです。


ところで阪神ファンではない私が書くのもなんだけど、藤川球児。
昨日も敗戦投手。
調子が上がらない。
どこか悪いのかな?
心配だ。
とても好きな投手だし、是非とも復調してほしい。

でも、日本ハム戦では、どうぞお手柔らかに…

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-05-27 13:13 | 野球