カテゴリ:ピアノ( 100 )


2017年 02月 24日

昔と今

a0114742_11460368.jpg
一昔前の、スキージャンプかっw

昔はスキーの板を平行に揃えて飛んでいた。
今はV字飛行が当たり前。

ピアノの奏法も、指を丸く、指を鍛える、鍵盤の底までしっかり、という流れがあった。
今は(流派によっては昔から)脱力して、重さを利用して弾く、というのが世界のスタンダード。

科学は進歩する。
道具は進化する。
それに伴い技術が進歩し、指導法も変わっていく。
昔の常識は、今の非常識、なんてこともしばしば。

守るべき伝統がある。
でも、変わりゆくものもある。


この偶然撮れたキレンジャクの写真を見て、最初にそんなことを思った、、、わけないでしょっw



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2017-02-24 12:01 | ピアノ
2017年 01月 29日

舞台では

ピアノの演奏中、、、聴衆と目が合うことは、、、ほとんどない。。。



a0114742_17184934.jpg

ヒヨドリさぁん~



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2017-01-29 17:23 | ピアノ
2017年 01月 05日

調律中~

ただ今、ピアノの調律中。
ワタクシは、待機中。


a0114742_10404127.jpg

菩提樹の実。


さて、明日から仕事再開。
最初は、ゆるーくはじめますw



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2017-01-05 10:57 | ピアノ
2016年 09月 23日

円熟期

ピアノを弾くにはアスリート的な要素があるゆえ、ある程度の年齢以上になると衰えていく。
でも、年齢と共に音楽に深みが出てくる面も大いにありにけり。

ショパンコンクールやチャイコフスキーコンクール等、国際コンクールを受けられるのはほとんど20代まで。
そこに出ているピアニストたちの円熟期はまだまだ先。
でも、テクニックのピークはまさにその時期だったりもする。


ホロヴィッツも年齢によるテクニックの衰えは隠せなかった。
でも、こんな演奏、、、





リスト作曲 コンソレーション 第3番
シューベルト作曲 楽興の時 第3番
モシュコフスキ作曲 火花

この時御年83歳。
この年齢だからこそできる音楽ってのが、きっとあるに違いない。


a0114742_12080678.jpg

栃の実。

これの円熟はもうちょっと先?



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2016-09-23 12:31 | ピアノ
2016年 07月 06日

今日はピアノの日

なんだそうな。

1823年7月6日が、シーボルトがはじめてピアノを日本に持ち込んだ日なんだとか。

ちなみにこの時、
ベートーヴェン52歳
シューベルトは26歳
メンデルスゾーンは14歳
シューマンとショパンは13歳
リストは11歳
ブラームス、ドビュッシー、ラヴェルなどは生まれていない。。。

そんな時代に日本にピアノがあったのか。。。


a0114742_21162809.jpg

・・・ピアノ弾く時は爪を切りなさいっw





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2016-07-06 21:18 | ピアノ
2016年 05月 25日

つかみはOK、、、だが。。。

これは言うまでもなく、ダチョウ倶楽部の代表的なギャグ。。。

つかみはもちろん大事。
でも、最初がピークでそこから徐々にしりすぼみになっては元も子もない。
終わりよければすべてよし、くらい終わりが大事なのだ。

ショパンのピアノの作品など、曲の終盤に技巧的最難関箇所が訪れることが多い。
最後まで気を抜けないわけです。

終わりが大事というのは、リサイタルや演奏会も当然そう。
聴いている側の立場で考えると、最初よりも最後の方ががより印象に残る。
つかみが大事なのはもちろんだが、終わりはもっと大事。
演奏会をアンコールも含めてトータルで考えて、いろいろと計算するのね。
もちろん、すべての曲を真剣に取り組むことは言うまでもない。


a0114742_13271029.jpg

キジバト。
北海道では夏鳥。
デーデー、ポッポー、の声の主。

街中のハトは、コイツとは違う。
街中のハトは、ドバト、または、カワラバトと呼ばれる、外来種。
芸人ヒロシの
「ハトがどいてくれませんっ!」
のハトも、キジバトではないはず。。。

芸人も、つかみよりもオチ、だよね、きっと。。。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2016-05-25 14:14 | ピアノ
2016年 05月 12日

まずはピアニシモ

そろそろピアノの話題を書かないと。。。
ブログタイトルも「ピアノ教室の風景」なんだから(^_^;)

で、タイトルの話。

ワタクシ、自分で弾く時も教える時も、まずは小さい音を基本に考える。
慣れてきたら、フォルテ、フォルティシモを表現する。

習いはじめの子どもも大人も、まずは小さな音から。
譜読みもまずは、小さな音で。
その方が力が抜けるし。
フォルテは後から何とでもなる。



a0114742_10211600.jpg

アオジのさえずりも、ピアニシモ???
いや、メゾピアノくらいか?????
少なくとも、ウグイスやオオルリのような声量はないが、遠くからでもよく聞こえる。

ピアニシモと言っても、遠くに届かなきゃね。
音楽も、鳥のさえずりも。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2016-05-12 10:35 | ピアノ
2016年 02月 22日

手段の目的化

脱力は、ピアノを弾きやすくするための手段ではあるが、目的ではない。
目的化すると、FUJIWARA原西のギャグのようになることも???

子供のためのコンクールは、成長のための手段にすぎず、入賞が目的化すると音楽の本来のあるべき姿をしばしば見失う。

ダジャレは、レッスンの緊張を緩和するための手段であるが、言うことが目的ではない。。。
目的化すると、実によくスベる。。。


a0114742_21041322.jpg

ホオジロガモのメス。

野生動物の写真も、撮ることが目的化して動物たちを驚かせたり困らせたりしたら、それは本末転倒というもの。
やはり写真も、手段に過ぎないのでしょう。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2016-02-22 21:29 | ピアノ
2016年 01月 09日

ピアノと姿勢






ルービンシュタインが弾く、ショパンのスケルツォ第2番

演奏の素晴らしさはもちろんだが、弾いている時の姿、舞台上での凛とした態度も人気を博した理由でしょう。



ナナコも人気者???




a0114742_14460182.jpg





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2016-01-09 14:47 | ピアノ
2015年 11月 20日

攻めの姿勢

攻撃は最大の防御なり、と言うけれど。

本番の舞台でピアノを弾く時もそう。
ミスを恐れると縮こまる。
開き直って攻撃的に(?)弾いた方が、より良い演奏ができるというもの。

ダジャレを言う時もそう。。。
弱気で言うと、ほぼスベる。。。
こういうのはスベることを恐れず、強気に思いっきり言ってしまえば良いのです。。。


昨日のプレミア12、九回の攻防を見て、そんなことを考えた次第です。。。



a0114742_20031449.jpg

コゲラ。

ツルウメモドキ(たぶん)の枝にとまる。



さて、天気予報によると、旭川もそろそろ本格的な雪になりそう。
旭川の厳しい冬も、攻めの姿勢で乗り越えましょ。。。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ





[PR]

by asahimamegoo | 2015-11-20 20:13 | ピアノ