ピアノ教室の風景

asahimame.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ピアノ奏法( 62 )


2015年 12月 25日

和音は掴むべからず

和音を弾く時に重要なことは、、、

タイトルの通り、掴まないこと。

私はそのように弾いているし、レッスンしている。

和音を弾く時は、リラックスした状態を保って何となく手を広げれば良い。
いちいち形を作らなくても、手の開き具合、距離感で何とかなってしまうもの。

そもそも、掴むように弾くと、しばしば力む。
力むとコントロールがままならなくなる。


掴むように弾く≒指を丸く。

私は、指を丸く、とか、フォームを固めることには否定的。
丸くして弾きやすい人はそうすれば良いし、それが弾きにくければ丸くしない方が良い。
弾きやすい手指の形は、個人差が大きい。

ピアノに限らず、フォームっていろいろでしょ?
ほかの楽器も、スポーツも。


掴むように弾く≒握力を使う。

上智大学理工学部の古屋晋一准教授の、こんな研究も。
詳しくはリンク先を見ていただくとして、私もピアノを弾くのに握力はほとんど必要ないと思う。

ワタクシ2週間ほど前、忘年会の帰りに滑って転んで左肘を故障し、しばらくの間、物を握るとビリビリ痛みが走っていたのだが、ピアノは普通に練習できた。
これは、握力を使わなくてもピアノが弾けるということの証明か!?

・・・ある意味、怪我の功名???

・・・その前に、転ばないよう気をつけろってねwww



a0114742_12472983.jpg

ナナコが走る。。。

動物って、自然で無理のない動きをする。
人間の場合、変に知性が働いてしまうと、力んで不自然な動きになってしまうのかもしれない。
ある意味、動物から学ぶことがたくさんありそうです。

あ、ナナコはもちろん、知性がありますよっ!
賢いんだからっ(爆)




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旅行先は、旭川へ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
↑ピアノや音楽の情報はこちら。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
↑柴犬ナナコに清き一票を(笑)




[PR]

by asahimamegoo | 2015-12-25 12:55 | ピアノ奏法
2015年 12月 22日

4スタンス理論とピアノ

ピアノを教えるうえでの重要なテーマの一つが、合理的なピアノ奏法。
ネット上でも奏法に関する情報が氾濫しているわけだが、その中から必要なものと不必要なものを区別しなければいけないわけだが。

ワタクシが重視するのは主に3つ。

重力奏法。

アレクサンダー・テクニーク。

そして、4スタンス理論。

・・・

ピアノを弾く時、動かしやすい関節は、、、
手首?
それとも肘?

生徒を観察していると、両方のタイプがいる。

手首を柔軟に動かす人は、肘は動かしにくく、
逆に肘を柔軟に使う人は、手首をあまり動かさない。


これは、スポーツトレーナーの廣戸聡一氏の4スタンス理論を勉強すると、なるほど、と思う。

人間が自然な状態でいる時の重心の位置は4タイプあり、そのタイプに合った動きをすることで最大限の力が出せる、というもの。
詳細を書き始めると長~~~くなってしまうので、大雑把に触れると、

まずは、前後
重心が前(つま先側)にかかると安定する、Aタイプ
重心が後(かかと側)にかかると安定する、Bタイプ

次に、内と外
重心が内側の、1タイプ
重心が外側の、2タイプ

それらを組み合わせて、
A1、A2、B1、B2
の4つに分類され、そのタイプによって体の使い方が異なる。
廣戸氏は、人によってこのような違いがあるので、それぞれのタイプにより、指導法を変えるべきだと仰られる。


これ、ピアノにも当てはまるように思われる。
先に触れた、手首を柔軟に動かせるのは、Aタイプ。
肘を動かせるのが、Bタイプ。

ちなみにワタクシは、A2タイプ。
つま先と外側に重心がかかるタイプ。
ピアノを弾く時は手首は動かせるが、肘を動かすとすごーく弾きにくい。。。

だからAタイプの私がBタイプの生徒に対して、自分のやりやすい基準で手首を柔軟に動かすよう指導してもうまくいかないのである。


これに関してはまだ研究中だが、世界の第一級のピアニストを見ても、A、Bの区別はある程度はつけられる。
(1タイプか2タイプかは、映像だけではまだちょっと、、、)

Aタイプはたとえばこの人。(たぶん、笑)



エフゲニー・キーシン
ショパン作曲 英雄ポロネーズ




ネルソン・フレイレ
ショパン作曲 ピアノ協奏曲第2番 より 第2楽章
奏法に関してはフレイレの動画をかなり研究したのだが、同じAタイプだからそこに自分の理想を描いたのかもしれない。


Bタイプはこの人たち。(たぶん)



グリゴリー・ソコロフ
シューベルト作曲 3つのピアノ曲D946 より 第2番




エミール・ギレリス
ベートーヴェン作曲 ピアノソナタ第28番


ピアノを弾くのに4スタンスのどれが向いているかはおそらく関係ない。
それぞれが自分に合った弾き方をし、安定して高度なテクニックを獲得し、素晴らしい音楽を作り上げた。
表現をするにも、テクニックがあってこそ。

レッスン時も、生徒がA、B、どのタイプかの特徴を見極めて、それに合った弾き方をアドバイスすることが必要となる。
と言ってもこの4スタンス理論は目的ではなく手段に過ぎないゆえ、それにとらわれすぎることなく、ほどほどに。。。

もちろん、弾ける人は特に気にしなくて良い理論。
問題は、弾けない人を弾けるようにするにはどうするか。
この4スタンス理論、そういう面で意外と役に立っている。



a0114742_14261361.jpg

エゾリスくん、キミは何タイプ???




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2015-12-22 14:35 | ピアノ奏法
2015年 10月 24日

伸びる音と伸びない音

たとえば単音をポーンと弾いた時。
強さが同じでも、早くに消え去ってしまう音と、より長く伸びる音とが存在する。
具体的に言うと、手指の力で鍵盤を押しつけるように弾いたら早くに消え、腕の重さでポトンと落っことすように弾くとよく伸びる。

ピアノは打楽器。
音を出した瞬間からデクレッシェンドがはじまり、あとは消え去るのみ。
我々は打鍵の瞬間の音だけを聴きがちだが、伸びてゆく音にもさまざまな色がある。
たとえば音を伸ばしている間にダンパーペダルを踏むだけでも、響きが変化する。

弱音を遠くに届けるにも、よく伸びる音だからこそ。
人間の邪念(笑)を排除して、重力に身を任せて、ポトン、と弾くことで、ピアニシモであってもホールの最後列まで音が届く。

音を出すのに、力はいらない。
ピアニシモに限らず、フォルティシモも。
力を抜いた方が、充実したフォルテを出せるもの。


伸びる音と伸びない音。
よく伸びる音は伸びない音よりも、波形が美しいに違いない。
実際、響きも美しい。
弾き方によって音色の違いが表れる理由は何だろう?
感覚的にはわかっていても、理論はわからない。
物理学者が研究してくれないかな?笑


a0114742_14015230.jpg







にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旅行先は、旭川へ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
↑ピアノや音楽の情報はこちら。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
↑柴犬ナナコに清き一票を(笑)




[PR]

by asahimamegoo | 2015-10-24 14:06 | ピアノ奏法
2015年 10月 09日

力むのは本能?

力を抜くって、ムズカシイのね。。。
これはピアノに限ったことではない。
人生ある意味、力みっぱなし。。。


ホームランボールがキターーー!!!
・・・思わず力んで、ポップフライ。。。

ゴール前で絶妙なパスがキターーー!!!
・・・思わず力んで、大ホームラン。。。


ピアノに話を戻すと、力むのは音を出す時のみならず。
鍵盤から手を放す時も。
音を出さずに待っている時も。
手指に限らず、腕も、肩も、そして足元も。


この、鍵盤から手を放す時、ってのがなかなか厄介で。
腕全体をフワッと浮かせるだけで指は自然に鍵盤から離れるのだが、、、
鍵盤から手を放す瞬間、手指の力で一押ししてしまいがち。
この一瞬の小さな力みが大きな力みにつながっていくから、ある意味おもしろい。
走り高跳びの踏切る感じではなく、気球が離陸する感覚で放した方が、よりベターなのね。


もちろん力を抜くことは目的ではなく、ピアノをより弾きやすくするための手段に過ぎない。
力まかせで弾くよりも、やはり力を抜いた方が合理的だし体にやさしいし、そして何より美しい響きを得られると、私は確信している。




a0114742_13414389.jpg

ナキウサギ。
1か月以上前の写真。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川の情報がたくさん。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
↑ピアノや音楽の情報はこちら。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
↑柴犬ナナコに清き一票を(笑)



[PR]

by asahimamegoo | 2015-10-09 13:54 | ピアノ奏法
2015年 09月 02日

フォーム

先日、Get Sports という番組で、古田敦也氏と稲葉篤紀氏が、打撃理論、打撃指導について熱く議論をしていたが。。。

詳細には触れないが、まさに人生いろいろ、打撃理論もいろいろ。
打者の身体的特徴によって、打撃フォームもいろいろ、指導法もいろいろなのね。


ピアノもそうで、手の形、指の形もいろいろ。
古今東西見渡してみると、ピアニストの手指のフォームなんてみんなバラバラ。

つまり、フォームはあとからついてくるということ。
伸ばした方が弾きやすければその方が良いし、その逆でももちろん構わない。
指の形を変えることで音色が変化することもあるわけだし、臨機応変なのです。


例えばホロヴィッツはこんな感じ。


スクリャービン作曲 エチュード Op.2-1


アルゲリッチはこう。



リスト作曲 ハンガリー狂詩曲第6番


まぁこの二人は超がつくほどの天才ゆえ、常人離れしている部分もあるとは思うけどね。



a0114742_09135571.jpg

ミドリヒョウモンのメス。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川、北海道の情報はこちら。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
↑ピアノや音楽の情報はこちら。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
↑柴犬ナナコに清き一票を(笑)




[PR]

by asahimamegoo | 2015-09-02 14:00 | ピアノ奏法
2015年 05月 16日

不器用ですから、、、

薬指はたいへん不器用な指でありまして。
人差し指とはえらい違い。

ピアノを弾く時は、薬指が4の指で、人差し指は2の指。
不器用な4の指を鍛えて、2の指と同じくらい動くようにする、、、
なんてことは、よほどの運動能力の持ち主じゃなきゃ不可能に近いと思う。

だから、指の役割をできるだけリセットする、という発想になる。
主導権を指から腕全体にすることで、重心移動や回転、旋回等を利用する。
いわゆる重力奏法ね。
その方が合理的だし、体にやさしいし、そして何といっても響きが美しい。



a0114742_12083984.jpg


左手の4の指から、テントウムシ(ナミテントウ)が離陸するよ~



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川の情報はこちら。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
↑ピアノや音楽の情報はこちら。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
↑柴犬ナナコに清き一票を(笑)




[PR]

by asahimamegoo | 2015-05-16 12:22 | ピアノ奏法
2015年 03月 19日

キツツキだって、、、ピアノだって、、、

ピアノは打楽器の仕組みで音を出す。

叩きつけたら乱暴な音が出るし、押しつけたらつぶれたような地味~な音が出る。

でも、力を抜いて、重力に身を任せて、ポーン、と弾くと、あら不思議、輝くような美しい響きが。
そう、ワタクシのひ・・・
以下、自主規制。。。



合理的なテクニックと美しい響きは、まさに繋がっている。
それには、物理学的なアプローチが必要、と、当ブログでも触れたことがある。



a0114742_14032293.jpg


アカゲラのオス、餌を探し中。


野鳥たちにとっては繁殖の時期、今まさに森の中では、キツツキのドラミングが響き渡っている。
実に心地よい響き。
その心地よい響きが、メスのハートを鷲掴み。
・・・キツツキだけど、鷲掴み。。。


キツツキのドラミングも、打楽器。
合理的な打法(?)で木を突いてるに間違いなし???


今の時期、森の中でキツツキのドラミングを聴くたびに、そのようなことを考えるような、考えないような。。。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川の情報はこちら。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
↑ピアノや音楽の情報はこちら。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
↑柴犬ナナコに清き一票を(笑)




[PR]

by asahimamegoo | 2015-03-19 14:13 | ピアノ奏法
2015年 03月 05日

中心はショパン?

私の仕事は、生徒にピアノを教えること。
そして、弾けるようにすること。

弾けるようにするという目的は同じだけど、そこへ至る過程は生徒によって異なる。
そして、取り組む曲も異なる。
バロック、古典派もちろん、近現代に至るまで、まぁいろいろ。

でも何だかんだでショパン中心になっていくケースが多い。
これは、ショパンの曲が好きな生徒が多いという理由もあるけれど、それだけではないのね。

ショパンは脱力と重心移動を利用した、たいへん合理的で美しい奏法でピアノを弾いており、明らかにそれを基に曲を作った。
たとえば同時代の作曲家、シューマンもリストも、ショパンとは異なる奏法で弾いていたと私は考える。
つまりショパンの曲をどうやったら弾きやすいかを考え、実践することで、合理的なテクニックも学べるということ。

まぁでも、弾けるようになるならば曲は何だって良いけれど、いわゆる重力奏法という弾き方は、たとえばバッハやベートーヴェンよりもショパンを弾いていた方が身につけやすい傾向がある。
こと奏法に関しては、ショパン的な奏法をバッハやベートーヴェン、もちろんシューマンにもリストにも応用していく方が、より合理的。
念を押すけれど、「奏法」に限定した話。

ピアノ曲には、それを作った人がどのような「奏法」で弾いていたかが、如実に現れる。
面白いものです。



a0114742_12120639.jpg

エゾリスも観察していると、面白いものですw




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川の情報はこちら。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
↑ピアノや音楽の情報はこちら。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
↑柴犬ナナコに清き一票を(笑)




[PR]

by asahimamegoo | 2015-03-05 12:21 | ピアノ奏法
2015年 02月 24日

ピアノと高所恐怖症。。。

ピアノを弾く時に頭を悩ませることの一つが、椅子の高さ。
こればかりは弾き手の好みだろう、と言ってしまえばそれまでだが。

ちなみにワタクシ自身は、高くして弾く。
理由は、足が長いから、、、ではなく(撃沈)、、、テクニック的に難しい箇所が弾きやすいから。

ショパンやリスト、スクリアビンなどは、跳躍が多いし。
特にスクリアビンは、インパラより跳ぶんじゃないか???(おい)

あと、腕の重さを鍵盤に乗せるにも、最終的には高い方が良いと思われる。
最終的に、、、というのは、そこに至るまでの様々な過程があるので、敢えてこういう表現にしたわけだが。



ただ、低い方が良い、という感覚もわかる気がする。
以前誰かが言っていた。
「低いと鍵盤が視線から近いから、高いよりも安心感がある」

確かに。


これは高所恐怖症の一種?



a0114742_12274934.jpg

それはウソです、、、と、、、ウソのオス。。。


キミたちは良いね~、いつも高みの見物で。




ちなみにスクリアビンは、たとえばこんな曲。






エチュード Op.8-12

ピアノはウラディーミル・ホロヴィッツ





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川の情報はこちら。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
↑ピアノや音楽の情報はこちら。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
↑柴犬ナナコに清き一票を(笑)




[PR]

by asahimamegoo | 2015-02-24 12:40 | ピアノ奏法
2014年 12月 22日

ピアノは3D

鍵盤から高い位置に手を持ちあげることに躊躇がなくなることが、ピアノの上達に欠かせない重要な要素の一つかもね。

上下の動きのみならず、時には鍵盤の奥を弾いたり手前を弾いたり、斜めに傾けたり、などなど。

ピアノはまさに、3D

大胆不敵、断崖絶壁、電光石火の3Dじゃないよ。。。。。。。。



a0114742_11084910.jpg


エゾリスはもちろん、ジャンプすることへの躊躇はありませぬ。。。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川の情報はこちら。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
↑ピアノや音楽の情報はこちら。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
↑柴犬ナナコに清き一票を(笑)



[PR]

by asahimamegoo | 2014-12-22 12:22 | ピアノ奏法