ピアノ教室の風景

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 17日

結局は何をするにもリラックス?

ボストンレッドソックスの松坂大輔投手が、3ヶ月ぶりの2勝目。
良かったなぁ。

昨日の登板、少しだけ見ていたけど、力みはあまり感じられないのに、ストレートは伸びていたし、コントロールも良く、安定していたように思えた。
松坂が悪い時は、力んでコントロールを乱す傾向があるように思う。
メジャーのボールが滑りやすいとか、色々あるのかもしれないけど、西武時代も時々コントロールを乱してフォアボールを連発していた。
松坂はそういうタイプのピッチャーなんだと思う。
もちろん、素晴らしい選手であることは間違いない。

でも、どんなピッチャーも力んだら良い結果が出ないことが多いんじゃないかな?


無理矢理関連させると、ピアノも一緒だ。
難しい、と思って力むと、乱れる可能性が高くなる。
また、力むと音が割れたりつぶれたりする。
つまり、音色にも影響を及ぼす。

ただし、わざと力んで弾くことも、もちろんあるんだけど。

ちなみに私たち、脱力を教えるのに、敢えて技巧的に難しい曲を使う。
例えば力んだり、鍵盤を押しつける弾き方になってしまった人が、脱力を身につけるためには、難しい曲、主にショパンに取り組むことにしている。
どのショパンの曲が良いかは人によって異なる。
ショパンの難曲、例えばエチュードなどは、力を抜いた合理的な弾き方をしなきゃとても難しい。
バロック、古典派の曲は、少々強引でも弾けてしまうことがある。
だから敢えてショパンを使う。
そうすることで、バロック、古典派を弾く場合にも良い影響をもたらすことができる。
古典派から徐々にショパンではなく、いきなりショパンをやってしまう。

もちろんいきなり難しい曲に取り組む場合は、譜読みの段階、弾けない段階からアドバイスをする。
つまり、弾けた曲をレッスンするのではなく、弾けるようにするための具体的な方法をレッスンする。
そうすれば、ショパンの難曲をまずは一曲弾けるようになり、脱力も身につくし、一石二鳥。
また、譜読みの段階から弾き方のアドバイスを入念にするから、それほど苦労を感じないかも!?
そして、実力がすごーく向上する。

私はこのやり方が手っ取り早いと思うけど、もちろんいつも書いているとおり、この方法が適切かどうかはわからない。


話が思いきり脱線した。

ということで松坂投手、これからも頑張って~!(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
クリックお願いしますね~♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-09-17 16:27 | ピアノ奏法


<< 収穫の秋      しみじみと… >>