ピアノ教室の風景

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 01日

雨竜沼湿原の美しき植物たち

まずは、エゾカンゾウ
a0114742_1930786.jpg

「カンゾウ」は漢字で「甘草」
ユリ科。

次に、エゾノシモツケソウ
a0114742_1932416.jpg

シモツケは、下野の国。
下野の国は、現在の栃木県。
シモツケソウが、栃木県で見つかったのかな?
このエゾノシモツケソウは、日本では北海道にしか存在しないそうな。
バラ科。

そして、ワタスゲ
a0114742_1936314.jpg

漢字で綿菅。
別名、スズメノケヤリ(雀の毛槍)
カヤツリグサ科。

…何じゃそりゃ?
と思って調べてみると、カヤツリグサ科には、かの有名なパピルスが存在する。
な~るほど。
ちなみにワタスゲは、カヤツリグサ科、ワタスゲ属。
パピルスは、カヤツリグサ科、カヤツリグサ属。

にほんブログ村 クラシックブログへ
クリックお願いしますね~♪



ポチッ♪





ちなみにこの日(7月29日)の雨竜沼湿原は、曇りだった。
気温はそれほど低くなく、雨も降らなかった。
私は植物も好きだけど、どちらかと言うと動物、特に昆虫と鳥の方が好き。
昆虫の中ではチョウがイチバン。

鳥はけっこうたくさんいた。
湿原内には、ノゴマ、ベニマシコ、カワラヒワ(たぶん)など。
登山途中にはウグイスがたくさん鳴いており、ウソは記事にした。
そして、姿は見えなかったけど、コマドリが鳴いていた。
見たかった…
ちなみに湿原内の鳥の撮影は、すべて失敗。
残念~

昆虫は、トンボはやたらとたくさんいた。
ただ、チョウはあまり飛んでいなかった。
この湿原にはチョウは少ないのか?
それとも、曇り空だったからあまり飛んでいなかったのか?
原因はわからない。
でも、十分に楽しめた。

まだ写真が残っているので、少しずつ紹介していきます。

嗚呼、コレはホントにピアノブログか?
[PR]

by asahimamegoo | 2009-08-01 19:54 | 植物


<< 今度こそカオジロトンボ      受験生とピアノ >>