ピアノ教室の風景

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 06日

一発勝負の感動

ピアノの本番は、言うまでもなく一発勝負。
やり直しは許されない。
そこには独特の緊張感がある。

失敗しても成功しても、本番は一回こっきり。
一瞬で終わってしまう。
音楽は絵画のように残しておくことができないからね。

でも、そんな一瞬のために、みんな一生懸命頑張っている。
ピアニストとは華やかな世界のように見えて、陰ではたいへんな努力をしている。
コレはピアノに携わっている人にはわかっていただけると思う。
いや、ピアニストに限らず、舞台で活躍する人、また、スポーツ選手も、陰での努力はすさまじい。

だから、一発勝負の本番は感動を呼ぶ。
多少破綻があっても、そこには気持ちが入っているからね。


先日、ウスバキチョウを見に銀泉台へ行った日も、一発勝負、という気分で行った。
この日見られなかったら、来年まで待たなきゃならない。
発表会が近いから、もう無茶はできない。
発表会が終わった後は、果たして飛んでいるかどうか?
7月末は、ほぼギリギリだ。
だからこそ、ウスバキチョウが飛んだ瞬間は、ホント、感動したね~
これも、ある意味一発勝負の感動…か?


それに無理矢理関連させて…

昨日、仕事を終わらせた後に神楽岡公園へ行った。
歩いていると、オオルリが近くで鳴いている。
近いな…
そう思いつつ、上を見上げると…
いた!
a0114742_10314441.jpg

でも、コレを写した直後、逃げちゃった。
写した写真はコレ一枚こっきり。

ある意味一発勝負の感動…か?

それこそ、マージャンで親がリーチをかけているのに、でかい手をテンパイして、ドラを切って追いかけリーチをかけて、そのドラが通った時も同じくらい感動するねぇ。。。
でも、親の当たり牌をつかまされてフリ込んだらものすごーく凹むけど。

…何の話をしてるんだ?

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-07-06 10:52 | 野鳥


<< 今度はアサヒヒョウモンが!      そして、ウスバキチョウ現る! >>