村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 22日

「大雪山」をどう読む?

大雪山

これ、どう読みます?
昨日、フジテレビの平成教育学院の中で、誰かが

「だいせつざん」

と言っていた。

ウィキペディアでも、「だいせつざん」とルビがふってある。

でも、この辺(旭川)の人はみんな

「たいせつざん」

と言う。

「だいせつざん」と言う人とは会ったことがない。

私は子どもの頃から言い慣れた
「たいせつざん」
が良いな~

濁点が無い方が似合っていると思う。
言葉の響きがその方が良いでしょ。


しつこいようだけど、ウスバシロチョウ。
やっぱりウスバアゲハでしょう。
a0114742_103981.jpg

本当にしつこい?

にほんブログ村 クラシックブログへ
一日一回♪



ポチッ♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-06-22 10:43 | 旭川 | Comments(2)
Commented by Akira at 2009-06-23 11:00 x
Wikipediaによると、旭川東高校の校歌に出てくる大雪山は「たいせつざん」のようですね。
たいせつざんのほうが柔らかい印象ですよね。

でも漢字変換ではだいせつざんでないと変換されませんね。
Commented by asahimamegoo at 2009-06-24 08:26
Akiraさん、こんにちは。

そういえば!
私、母校の校歌の歌詞なのにすっかり忘れていました。正直、あまり覚えていないのですが(汗)

たいせつざん、そうですよね、柔らかい印象ですね。
逆に、冬の大雪山は「だいせつざん」の方が似合っているのかもしれませんね。


<< 視覚の効果      光る目 >>