村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 09日

ヒトリシズカ

ゴールデンウィーク前後にあちこちで撮った写真がたまっている。
少しずつ出していこう。

今回は、神居古潭で見つけたヒトリシズカ。
a0114742_1133589.jpg


シズカ、とは、源義経の愛妾、静御前のことらしい。

ちょっと話が脱線する。
源義経のこと。

平家を滅ぼした大功労者である義経。
にもかかわらず、兄の源頼朝によって死に追いやられる、悲劇のヒーロー。

その印象を180度変えさせられたのが、司馬遼太郎の「義経」
読んだのは、10代の頃。

詳しい内容は書かないけど、義経は軍事は天才だったが、政治的感覚が欠落していたために頼朝の怒りを買い、死に追いやられた。
義経のことを、人間としてのバランスを欠いた人物として表現している。

司馬遼太郎は人気があるし、私も大好き。
私も一時期夢中になって読んでいたことがあるけど、この「義経」に関しては…

微妙。

司馬遼太郎は、自分が気に入った人物を小説に書いているケースが多かったと思う。
「竜馬がゆく」の坂本竜馬、「世に棲む日々」の吉田松陰と高杉晋作、「燃えよ剣」の土方歳三など、みんな司馬氏の主人公に対する思い入れとか愛情を強く感じる。
源義経に関しては、どうだったんだろうか?

この「義経」という小説、ある意味ではとても面白かったんだが、司馬氏の主人公に対する愛情をあまり感じなかったから、私にとって好きな小説か、と訊かれると、「微妙」となる。

「微妙」って、便利な言葉ですね…


話は脱線したけど、ヒトリシズカ。
美しい。
漢字で書くと「一人静」
でも、一箇所にたくさん咲いていたけどね~

にほんブログ村 クラシックブログへ
ランキング参加中
クリックお願いします♪




コチラももし良ければ…
クリックお願いします♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-05-09 12:02 | 植物 | Comments(0)


<< 旭川は桜が散ったが…      完成度をどこまで求めるか >>