2009年 04月 01日

旭川市民文化会館が復活する

今日は4月1日、エイプリルフールだね~
元巨人の桑田真澄の誕生日でもある。
エイプリルフールだからと言って、ウソは書きません。
今回は、旭川ローカルの話題です。

アスベスト対策工事で閉鎖されていた、旭川市民文化会館の小ホールと大ホールが、4月16日におよそ半年ぶりにようやく復活するそうな。
けっこう前からその情報は知ってはいたし、改めてこの場で書く必要もない気がするが。
何にしても良かった。

特に大ホールは1546人を収容できるホールで、これくらい大きな所は旭川市内には他に無い。
大雪クリスタルホールで597人。(ここも良いホールです)
小ホールは318人ほどで、音楽教室の発表会を行うのに手頃なホールだ。
何せ、復活することになって良かった。

ちょっと話が脱線するが、大雪クリスタルホールの向かい側に、木造館、というホールがある。
神楽公民館、神楽図書館のすぐ側。
旭川の音楽関係者にはよく知られていると思うんだけど、ここもなかなか良い。
100人ほど入る小さなホール。
この木造館には舞台が無いから、演奏者とお客さんが同じ高さにいる。
演奏をする立場から言わせてもらうと、じゃっかん緊張の度合いが高まる。(私の場合ね)
お客さんと目が合っちゃうからね~
でも、見ている側からすると、演奏者が身近に感じられてとても良い。
それと、狭いホールならではの一体感が感じられるところも良い。

イベントの種類によって、適切な広さ、というのはあるだろう。
例えば管弦楽やオペラ、または有名歌手のコンサートなどは、大ホール向きか?
また、ピアノソロや室内楽は、クリスタルホールくらいの大きさが良いだろうか?

お笑いのライブは、あまり広すぎない方が良いという話を聞く。
そういえば、有名歌手達はドームでコンサートをするけど、お笑いライブをドームで行う、という話は聞かない。
やはりあまり広い所でのお笑いライブは向いていないのだろう。

ちょっとどころか、かなり話が脱線したけど、文化会館が復活することになって良かった。
これからも素晴らしいイベントをたくさん開催してほしい。

にほんブログ村 クラシックブログへ
ランキング参加中
クリックお願いしますね♪

[PR]

by asahimamegoo | 2009-04-01 09:01 | 旭川


<< ちっちゃい手~♪      頑張れ東北勢! >>