ピアノ教室の風景

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 20日

メジャーの球場は良いね

何か、試合が終わるごとにWBCの感想を書いている。
別にヒマなわけじゃないんだけど~
たまたま仕事の時間と重ならないのであります。

今日の日韓戦、準決勝に出られることは決まっていたけど、試合展開はハラハラしたね~
でも、負けても準決勝に行けるわけだし、今日はリラックスして見ていた。

ところで村田修一の怪我が心配だ。
もうすでに、広島カープの栗原が追加招集されることが決定したようだ。
これがイチバン恐れていたことだ。
ペナントレースに支障をきたさないことを願うのみだが…

それとね、今日の実況をしていたアナウンサー、誰だか知らないけど、言い間違いが多すぎ。
韓国の選手の名前をずいぶん間違えた。
あと、球種にしても
「落とした!」
と言った球がストレートだったり、
「内角!」
と言った球が実は外角だったり。
そういうことが多すぎ。
しっかりしてよ、アナウンサーだってプロなんだから。


試合展開云々はまぁどうでも良い。
それよりも、メジャーの球場って良いな~って、いつも思う。
まず、屋外であること。
ドームも良いんだろうけど、私は屋外の方が良い。
正直、屋外球場の方が見ていて気分が良かったけどね。

それと、緑の芝生がとても良い。
人工芝よりも、やっぱり天然芝が良いな~
自然の中で野球をやっている、という感じがする。

あと、いびつな球場の形。
日本ももっと球場に個性があっても良いのに、って思う。
今回のぺトコ・パークも外野が面白いし、松坂が所属するレッドソックスの本拠地、フェンウェイパークのグリーンモンスターなんて、とてもユニークな作りだ。
日本の球場は左右対称が当たり前、という気がする。

それと、観客席がグラウンドから近いのも良い。
15年ほど前、当時の仙台宮城球場のレフトスタンドで野球観戦したことがあるけど、ここはわりと近くから選手を見ることができた。
ところが、数年前に札幌ドームに行った時は、フェンスが高すぎて、選手との距離感を感じた。
メジャーリーグの試合で、ファールボールを選手がスタンドの子どもに手渡しする光景は、日本の球場ではなかなか見られない。
日本の球場は、フェンスが高い球場が多すぎる気がする。
もちろんメジャーが絶対に良い、とは言わないけど、そういうところは日本ももっと参考にしたら良いと思う。


それはともかく、次の対戦相手はアメリカに決まった。
前回のWBCでは、疑惑の判定とかもあって、スッキリしないまま負けてしまった。
今回は是非とも正々堂々と戦って、勝ってほしい。
次の試合も…どうやら見ることができそうだよ。
延長にならなければ、仕事がはじまる前に試合が終わるだろう。
まぁ、WBCを見ているおかげで、私のピアノの練習時間が減っているという気もしないでもないけどね~

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へ
↑明日からは高校野球もはじまる。困ったねぇ…
[PR]

by asahimamegoo | 2009-03-20 14:44 | 野球


<< 春分の日の旭川      日本人は小さい >>