2009年 03月 10日

韓国戦での中島の送りバント

昨日の韓国戦、悔しい負けだったけど、アメリカへは無事に行けたわけだから、悲観することはないでしょう。
最終的に頂点にいればそれで良いんだし。

で、8回裏の1アウト一塁の場面での中島の送りバントのこと。
コレについて、非難の声をたくさん聞く。
色んなコメンテーターが様々な意見を言っていた。
バントをせずに打たせた方が良かったとか、イチローに盗塁をさせた方が良かったとか…
だけど、盗塁したってアウトになったかもしれないし、中島が打って併殺だったかもしれない。
何をやっても結果が悪ければプロは非難されるのである。
それはある程度は仕方がない。

私もあの場面は、盗塁なり、ヒットエンドラン(鳥居みゆきじゃないぞ)などの作戦をとってほしかった。
でも、今のところ非難の意見しか聞かないから、ワタクシごときの素人考えで、敢えて擁護することを書きたいと思う。

盗塁の危険性とか、右のサイドスローの速球派と右打者の中島との相性の悪さを考えた作戦、というのはよく言われそうなこと。
それと、長いWBCの戦いを考えた場合、終盤で送りバントが必要なケースが出てくる。
昨日の試合だけの勝敗を考えると、他の作戦の方が確率が高かったかもしれないけど、長い目で見ると、あの場面で実戦での送りバントを試しておきたい、という原監督をはじめ、首脳陣の意図だった、とも考えられないかな?
少なくとも、普段は送りバントをほとんどしない中島だけど、昨日の送りバントを決めたことで、少しは自信になったに違いない。
もうアメリカへ行けることが決まっていたわけだし、昨日の試合、というよりも、今後を見据えた作戦…

さあ、あの送りバントの真相は何だったんだろう?
すべて私の勝手な憶測です。

何にせよ、日本代表を応援しようではありませんか。
とにかく、何でもプラスに考えるのが大切ですよね?
あの送りバントが、今後の戦いに生きてくると信じたい。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へ
↑日本代表を応援しよう。
[PR]

by asahimamegoo | 2009-03-10 15:05 | 野球


<< 検索ワードランキング      大人からはじめてもピアノは弾ける! >>