2009年 01月 29日

ピアノ奏法について

私たちの弾き方は、脱力奏法とか重力奏法とかいわれる奏法。
力を抜いて、腕の重さを鍵盤に伝えて音を出す。
この弾き方だと、音がきれいになるし、最小限の疲労で弾くことができる。


私は中学生の頃、幻想即興曲を弾いて、腕のスタミナが持たなくてたいへんだった。
今思えば、力ずくで強引な弾き方だ。
なぜ、そういう弾き方になってしまったか?
ピアノの師匠は父なんだけど、当時の私は反抗期で、言われてたとおりの弾き方をしなかったから、そういうことになっちゃった。
ちゃんと言われたとおりに練習しておけば、そういうことにはならなかったのに!


うん、やっぱり素直が一番。
これを読んでいる生徒の皆さん、先生の言うことを聞きなさいね~


今現在は、ピアノの練習をしていても、そう簡単に疲れることはない。
疲れるのは腕じゃなくて、脳みそかな?


それと、力を抜いて重さだけで弾いた時に出る音色。
キラキラと光り輝くような、美しい音色が出せる。
生徒にもそれを伝えられるように、日々仕事に励んでいる。


私はこの奏法は、とても合理的だと思っている。
疲れないし、難しい曲を弾く労力が半減するし、音色もきれいになるし。
手が小さい人も、指が動きにくい人も、希望を持ちましょう。
その奏法を駆使すれば、けっこう弾けるようになりますから。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室へ
にほんブログ村
[PR]

by asahimamegoo | 2009-01-29 09:51 | ピアノ奏法


<< 会話の流れの中で      生徒との会話から >>