ピアノ教室の風景

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 17日

腱鞘炎は防げる

今朝、ある番組で、スマホが原因の腱鞘炎について特集が組まれていた。
内容についてはここでは触れません(マジメに見ていなかったとも言う)

それはともかく、ピアノで腱鞘炎というのもよく聞く話。
ピアノによる腱鞘炎の原因は、伸筋(手の甲の側の筋肉)の酷使であることが多い。
屈筋(手の内側の筋肉)メインで使っていれば大丈夫なのだが。

いわゆる「ハイフィンガー」という弾き方は、指を高く上げるからそう言われるのだろうが、それだと必然的に伸筋が使わさる(北海道弁炸裂)
ハイフィンガーで弾いてきた人が私のところにレッスンを受けに来ると、けっこうな確率で、
「ピアノを弾くと腕が痛む」
と言う。
それでもしばらく通っているうちに、
「弾いても痛くなくなった」
「楽に弾けるようになった」
と、言ってくれるようになる。
・・・そして何より、響きが変わる。。。

そもそも伸筋は、指を伸ばすために使うから「伸筋」なんじゃない?
それを逆の動きに使うこと自体、無理があると思う。
逆に、屈筋を使えば何てことはない。
腕の重みを支えるのも、動かすのも、屈筋を使えばいい。
屈筋は伸筋よりも、はるかに強化しやすいし。

ちなみにワタクシ、かつては脱力一辺倒。
今はすこし考え方を変えた。
脱力は必要だが、脱力すべきでない部分もある、ということ。
実際、その方がより楽に弾けるようになるし、響きもさらに良くなる。


a0114742_12182774.jpg

そういえば今日は、ショパンの命日。

そして今日、旭川で初雪を観測した、とニュースで言っている(ワタシは見てない・・・)



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2017-10-17 22:06 | ピアノ奏法


<< 小さめの猛禽      白鳥 >>