村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 07日

どうも、コンニチハ・・・



a0114742_21331883.jpg
最初から写真とは関係のないハナシ。

ピアノって実に面白い楽器でありまして。

打鍵の仕方によって倍音の量が変わり、、、

打鍵のあとの手の動かし方で、音色が変化する。。。

科学的に考えると、倍音の量は、打鍵の瞬間ハンマーが弦に触れている時間が短いほど多くなるし、長いと少なくなり減衰が早くなる。
触れている時間の長さに比例して弦の振動が小さくなることで、倍音が減る、ということ。
倍音が少ないと、音が硬くなりがち。

また、音色は、手を動かして空気(音)の流れを色んな方向に変えることで、弦と共鳴させることで変化をつけている、ということだと思う。
一部のピアニストがやっている一見大げさとも見えるような手の動きはパフォーマンスでも何でもなく、音色を計算してのものに違いない。
この音色の変化のつけ方は倍音の量が乏しいと、残念ながら効果が薄い。


ピアノを美しく響かせ、より良い音楽を追い求めるには、こういった科学的なアプローチが必要不可欠。
気持ちを込める、だけで何とかなればある意味楽だけど、そうは問屋が卸さない。
もちろん気持ちは大事だが、具体的にどうするか、なのである。
レッスンで生徒に
「もっともっと気持ちを込めて」
だけで何とかなったらある意味大したものw


・・・そうだよねぇ、キリギリスくん。。。

いつもいつも、コンニチハ。。。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2017-08-07 22:08 | ピアノ奏法 | Comments(0)


<< サッポロ、、、      位置について・・・ >>