2017年 01月 21日

当たり外れ

冬鳥は夏鳥と違い、必ずしも渡って来るとは限らないようだ。

たくさん来る年もあればちょっとしか来ない年もある、つまり当たり外れがある。

と言っても、カモや白鳥のような水鳥、オジロワシやオオワシのような大型の猛禽類は当たりも外れもないように思う。

当たり外れがあるのは、木枝にとまる小鳥系。

で、今冬は現段階では、外れ。

キレンジャクなど旭川の鳥なのに、今冬はまったく姿を見せず。

どうしちゃったんだろね。

で、今日はおそらく今冬はじめて、小鳥系の冬鳥に会った。


a0114742_16041492.jpg

アトリ。

あ、鳥、、、というダジャレも使い古された感があり。。。

でも、旭川近郊で厳冬期にアトリってのは、あまりないかも。

経験上、春と秋の渡りの時期に見かけることが多いのだが。




昨日が大寒。

旭川の長い冬も、折り返し点を過ぎた。

今後の冬鳥の動向は如何に???


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2017-01-21 16:25 | 野鳥


<< 夢の競演。。。      要領 >>