村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 23日

伸びてゆく音





グリーグ作曲 抒情小曲集より
ピアノ ミハイル・プレトニョフ

最初の曲は「鐘の音」Op.54-6
実に多彩な音色が聴こえてくる。

ピアノの醍醐味のひとつは、ペダルを踏んだあとの音の広がり。
解釈には好みがあるだろうが、響きの美しさに惹き込まれる。

ちなみにyou tubeサイト内ではOp.54-4となっているが、これは間違い。。。

ピアノって、打鍵の瞬間の音だけを聴きがちだが。
でも、打鍵のあとに伸びてゆく音は、それ以上に重要だったりする。

どんな楽器も、音色がとても大事。
ピアノが例外であるはずがない。
打鍵の仕方によって、奏法によって、音色は大きく変わるわけだし。


a0114742_16084884.jpg





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




[PR]

by asahimamegoo | 2016-12-23 19:38 | ピアノ奏法 | Comments(0)


<< 日本最小、いただきましたっ!      ちっちゃな猛禽 >>