ピアノ教室の風景

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 17日

遊び

自動車のアクセルやブレーキに「遊び」があるように、ピアノの鍵盤にも「遊び」がある。

これをちょっと頭に入れておくと、ピアノが弾きやすくなることも。

手のひらが鍵盤にちょっとくらい触れても、遊びがあるから音は出ない、と思うだけで弾きやすくなる可能性大。

たとえば、和音がそう。

手のひらが鍵盤に当たらないように、と思うと、鍵盤を掴んでしまいがち。

掴むと力むし弾きにくいし、美しく響かない。

「掴む」に関しては、昨年の今頃書いた↓の記事を。。。



もちろん奏法は、弾きやすくするため、そして、より美しく響かせるための手段に過ぎない。

でも、それが充実していないと、目的を達するのが難しくなるから、、、ね。





a0114742_19430093.jpg

ナナコ、今日は重ね着。。。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ





[PR]

by asahimamegoo | 2016-12-17 19:46 | ピアノ奏法


<< 壊し屋。。。      色 >>