ピアノ教室の風景

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 09日

力むのは本能?

力を抜くって、ムズカシイのね。。。
これはピアノに限ったことではない。
人生ある意味、力みっぱなし。。。


ホームランボールがキターーー!!!
・・・思わず力んで、ポップフライ。。。

ゴール前で絶妙なパスがキターーー!!!
・・・思わず力んで、大ホームラン。。。


ピアノに話を戻すと、力むのは音を出す時のみならず。
鍵盤から手を放す時も。
音を出さずに待っている時も。
手指に限らず、腕も、肩も、そして足元も。


この、鍵盤から手を放す時、ってのがなかなか厄介で。
腕全体をフワッと浮かせるだけで指は自然に鍵盤から離れるのだが、、、
鍵盤から手を放す瞬間、手指の力で一押ししてしまいがち。
この一瞬の小さな力みが大きな力みにつながっていくから、ある意味おもしろい。
走り高跳びの踏切る感じではなく、気球が離陸する感覚で放した方が、よりベターなのね。


もちろん力を抜くことは目的ではなく、ピアノをより弾きやすくするための手段に過ぎない。
力まかせで弾くよりも、やはり力を抜いた方が合理的だし体にやさしいし、そして何より美しい響きを得られると、私は確信している。




a0114742_13414389.jpg

ナキウサギ。
1か月以上前の写真。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川の情報がたくさん。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
↑ピアノや音楽の情報はこちら。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
↑柴犬ナナコに清き一票を(笑)



[PR]

by asahimamegoo | 2015-10-09 13:54 | ピアノ奏法


<< 影響力      忙しくて、、、 >>