村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 10日

物理学とピアノ

物体の落下速度は、その物体の密度や質量によらず一定である。

これを実験によって証明したのは、ガリレオ・ガリレイ。

その実験をピサの斜塔で行った、というのは、どうも作り話らしいけど。。。
ちなみにニュートンのリンゴの逸話もフィクションらしい。。。

それはともかく、落下速度が質量が関係なく一定になるには、空気抵抗を無視しなければ、成り立たない。
たとえばB4版の薄っぺらい紙を分厚い本と同時に落下させると・・・
本はまっすぐ下にストンと落ちるが、紙は空気に押されてゆ~らゆら。
でも、その紙をくしゃくしゃっと丸めてみると・・・分厚い本と丸めた紙は、ほぼ同時に地面に落ちる。

これは確か7月頃、NHKの、宇宙白熱教室、という番組で、アリゾナ州立大学の宇宙物理学者、ローレンス・クラウス教授が見せてくれた実験。

氏によると、物理学というのは、些細なことは無視して、物事を大雑把にとらえるものらしい。
物体の自由落下の場合は、空気抵抗による摩擦を無視することによってガリレオの理論が証明された。

クラウス氏の講義は実にわかりやすく、おもしろかった。
再放送しないかな・・・?


ピアノの合理的なテクニックってのは、物理学的な要素をいろいろと活用するわけだが、理論的には実にシンプル。
ワタクシのレッスンでも、時には物理学の用語がポンポンと飛び出す。
重力、てこの原理、円運動、仕事、位置エネルギーと運動エネルギー、などなど・・・
相対性理論は・・・さすがに使わないか・・・

ところで。。。

本番の舞台は日常よりも、時間が速く流れている(ような気がする)。。。
自分ではゆっくり弾いたつもりが、聴いている人に言わせれば速かったり。。。
間をたっぷり空けたつもりが、あとで録画を見てみるとその間がやたらと短かったり。。。

これはある意味、相対性理論???

・・・ツッコミは甘んじてお受けします(爆)


a0114742_12182246.jpg

十勝岳から見た、旭岳。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川の情報はこちら。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
↑ピアノや音楽の情報はこちら。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
↑柴犬ナナコに清き一票を(笑)



[PR]

by asahimamegoo | 2014-10-10 12:47 | ピアノ奏法 | Comments(2)
Commented by 5take15 at 2014-10-11 09:03
はじめまして。20年前まで旭川にすんでいました。美しい写真に癒されました。
Commented by asahimamegoo at 2014-10-11 11:47
5take15さん、はじめまして。
そう言っていただけると励みになりますよ、ありがとうございます。
これからも旭川らしい写真をどんどん出していきたいと思っています。


<< 後ろ姿が・・・      活火山、十勝岳 >>