2014年 08月 25日

たとえ未熟でも

高校野球は、大阪桐蔭の優勝で幕を閉じた。
個人的には三重高校を応援していたんだけどね。
でも、おめでとうございます。
OBの中田翔クンも喜んでいることでしょう。

私の周りには、プロ野球やメジャーリーグよりも、高校野球の方が好き、という人がけっこういる。
でもよくよく考えてみたら、高校野球って部活なのね(笑)
プロと比べると、プレーはまだまだ未熟なわけ。
それなのになぜ、人々はこれほど感動するのだろうか?

それはやはり、高校球児たちの一生懸命さ、必死さ。
そして、一回負けたら終わり、という、トーナメントならではの緊張感。
そういうものが、見ている人の心を揺り動かすのでしょう。

もちろん、プロにはプロの素晴らしさがある。
彼らは常人にはできないスーパープレーを、涼しい顔をして平然とやってのける。
プロは勝つと同時に、魅せて観客を楽しませなきゃならないので、たいへん。


音楽も、気持ちの入った演奏は聴衆に伝わるもの。
もちろん気持ちだけじゃダメなのは言うまでもない。
ある程度のテクニックがないと、演奏が破たんすることも。。。
だから本番前は、みんな一生懸命練習する。


a0114742_15093596.jpg
キタコブシの実。
これからどんどん熟していく。

今日は秋風が吹いていた。
・・・ワタクシのせいじゃ、ないですよ。。。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川市の情報がたくさん。




[PR]

by asahimamegoo | 2014-08-25 15:37 | 野球


<< どいつもこいつも、どうかしてるぜっ      エゾリスのいる風景 >>