ピアノ教室の風景

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 04日

祝、楽天日本一

東北楽天ゴールデンイーグルス、日本一おめでとうございます。
第6戦、田中将大投手で負けた時は流れは完全にジャイアンツに行ったと思ったけど。
御見それいたしました。

第7戦までもつれこんだことで、優勝がより劇的なものとなった。
今年の日本シリーズは、球史に残る名勝負として、語り継がれることになることでしょう。

それにしても、田中将大という人は・・・

第6戦で打たれた時には、正直、さすがのマー君も人の子、と思ってしまったものだ。
新聞の見出しにも、そんな文字がちらほらと・・・
ところが160球もの球数を投げた翌日、9回のマウンドに立っているとは・・・


ちなみに、演奏会の本番というのは、それなりに疲労するもの。
普段の練習では全然疲れないのに、本番の舞台で弾くと消耗する。
もちろんこれは、張りつめた緊張感から来るもの。


マー君の場合、日本シリーズという大舞台。
春季キャンプの投げ込みでの160球とはわけが違う。
しかも、長いシーズンを戦ってきた中での見えない疲労の蓄積もあったはず。

マー君は首脳陣に、投げさせてほしい、という直訴をしたらしい。

このような場合、意気に感じて投げさせるのが良い指揮官か?
逆に選手を説得して登板を回避させるのが良い指揮官なのか?

正解はもちろんわからないけど、星野監督は前者を選び、そして、多くの人はその姿に感動した。

我々ファンの共通する望みは、オフにしっかり体を休めていただき、来年以降も今年と同じよう、活躍を続けてくれること。
ただ、楽天に残留する場合は、ファイターズ戦ではお手柔らかに。。。


そういえば、2001年、ダイヤモンドバックスとヤンキースが対戦したワールドシリーズでも、当時ダイヤモンドバックスのエースだったランディ・ジョンソンが第6戦で先発したにも関わらず、翌第7戦もリリーフ登板したっけ。
結局ダイヤモンドバックスに軍配が上がったわけだが、今年の楽天同様、これが球団創設初のチャンピオンだった。

ちなみにランディ・ジョンソンは翌2002年シーズンは24勝。
2009年に引退するまで、通算303勝。
マー君もジョンソン同様、大投手への道をひた走ると、私は信じて疑わない。

そして来年は、最下位に沈んだ眠れるファイターズも、きっと目を覚ますことでしょう。


a0114742_164135100.jpg


デーゲームは寝てばかりだけど、ナイターは強いよ(違)


ファイターズファンとしてはすこし残念なシーズンだったけど、今年は楽天が日本一になって本当に良かった。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ





[PR]

by asahimamegoo | 2013-11-04 17:02 | 野球


<< 落葉松      三連荘 >>