村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 16日

朝貌の花とは?

秋の七草と言えば、万葉集におさめられている、山上憶良の

萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花

という歌がよく知られている。

その中の「朝貌」の花、とは、現代の「朝顔」のことではないと言われている。
朝顔は元々は、外来種。
奈良時代に遣唐使によって持ち込まれたんだって。

山上憶良は、西暦だと733年に亡くなったらしい。
奈良時代は、710年~794年。
現代で言う朝顔の花と、果たして出会っていたかどうか?

では、山上憶良の言うところの朝貌の花の正体は何かというと、諸説あるらしいが、桔梗(キキョウ)であるという説が有力なのだそうで。

桔梗はこちら。

a0114742_1932131.jpg


昨日、8月15日に撮影。

秋の七草は桔梗に限らず咲いてはいるが、まだまだ暑い旭川。
昨日に続いて、本日も最高気温は30℃超え。
35℃以上の猛暑日が連日続く本州以南の方々からは叱られるかもしれないけど、冬は‐20℃まで下がるから許してね(勘弁~)

例年なら、お盆が過ぎたら涼しくなっていく旭川だが、今年はどうかな?
昨年の厳しい残暑が記憶に新しいが・・・?


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ





[PR]

by asahimamegoo | 2013-08-16 19:24 | 植物 | Comments(4)
Commented by min628 at 2013-08-17 14:19 x
許す!!(もと本州、酷暑地在住の権限にて)
旭川のほうが過酷ですよ。マイナス20はないですもん。
イヤイヤ教養溢れる一文、謹んで拝読いたしました。
七草を漢字で書かれると、??となりますね。
こちらでは萩、撫子、女郎花、尾花、藤袴が認められました。
紫は・・・ツリガネニンジンです(汗)
藤袴って、ヒヨドリソウのことだったんですね、知らなかった~。
Commented by asahimamegoo at 2013-08-17 18:47
min628さん、お許しいただきましたっ(笑)
でも、冬は十勝の方が気温は下がるんじゃないのかな?
そちらはたぶん、晴れの日が多いはずなので、放射冷却現象でえらいことになるはずですよ~
北海道の冬は、確かまだでしたよね???(ニヤリ)
秋の七草といっても、真夏にけっこう咲いてますけどね。
エゾカワラナデシコとか、7月半ばくらいに写しちゃいましたし。
Commented by min628 at 2013-08-18 15:07 x
再度コメントしてゴメンナサイ、言葉が足りなかったです。
岐阜では、マイナス20はないってことで・・・^^;
飛騨地方はあるかもしれないけど、住んだことないからわからない。
十勝はマイナス20~30アリだそうです。でもこちらの人はそれより
「プラス38度だら死ぬ」と言ってます。
でも今年はまだこちらでの冬越しできないんです。
家がまだ未完成なので・・・。
チャレンジは来年!!マイナス30で、生き残れるのか、自分・・・。
Commented by asahimamegoo at 2013-08-18 20:47
min628さん、再度ありがとうございます。
はい、何となくそれはわかりますよ。
そういえば学生時代の友人で、飛騨高山出身の人がいたのを思い出しますが、冬、どれくらい寒くなるか、という話は、聞いたような、聞かなかったような・・・?
ちなみに北海道でいちばん寒いと言われているのは、十勝の陸別町ですよね。
そちらもきっと、寒いのでは?(悪魔の囁き)
まぁでも、慣れれば大丈夫ですよ。(責任は持てません、笑)


<< 仕事再開~      おいでやす・・・ >>