2012年 11月 27日

美意識

ピアノを弾く上での最大のこだわりの一つが、美しい音を出すこと。


力を抜き、腕の重さだけを利用して、鍵盤に指をポーンと乗っけただけで、美しく豊かな響きの音が出る。
その音色を、せんせーの瞳のような輝きとか、せんせーのココロの中のような美しさ、という風に例えていることは生徒はみんな知っている。
何故ならワタクシ、レッスンの時は、口癖のようにこのセリフを言っているから。。。


美しい音でピアノを弾きたい。
そして、生徒とも美しい音の喜びを共有したい。


ある意味、美意識過剰・・・?


a0114742_13443579.jpg


本文とは関係ないけど、11月16日に写した、フクロウ。

ワタクシの瞳の輝きに、目が眩んでいることでしょう(逃)


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ





[PR]

by asahimamegoo | 2012-11-27 13:49 | ピアノ


<< 明日から師走      モノクロームに飽きてきたので >>