村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 22日

アオシギ?

a0114742_1452191.jpg


アオシギ(たぶん)を発見

警戒心が強いのか、人の気配が少しでもすると、飛んで逃げるようだ

驚かせてゴメンよ~


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ



人気ブログランキングへ
[PR]

by asahimamegoo | 2012-02-22 14:12 | 野鳥 | Comments(10)
Commented by take_it_easy at 2012-02-22 18:13 x
これで2回目?

これを撮りたくて、あの場所に通っています。
マガモとのツーショットのチャンスを逃して(気づく前に逃げられて)、その日以来、お目にかかっていません。
きょうもいなかった。いないときにばかり行ってるのかも、ですけど。
アオシギは忘れた頃にやってくる、ことを期待して、なるべく寄り道です。
Commented by 湖の麓より at 2012-02-22 19:40 x
asahimameさんこんばんわ~
雪大丈夫でしたか?

この鳥一度見たことあります
我が家の近くで

特徴のある口ばしだったので

キーウイーかと思いました、一瞬

歩いていたのです
Commented by piyokoqtcoco at 2012-02-22 22:43
おお〜 またアオシギさんに出会われたのですね。
やはり何か持っていますね(⌒-⌒)ニコニコ
アオシギ未見ですが、とても警戒心強そうなイメージが強いです。
雪原を歩く時って、歩くスキーみたいなの(?)履かれるんですか^^?
私の探鳥地の雪が深いお山へ行くと、歩くスキーで歩いている方が沢山いるのですが
カメラ持って歩けるか、とても不安です〜 運動神経次第でしょかね^^;
Commented by asahimamegoo at 2012-02-23 10:39
take_it_easy さん、こんにちは。

はい、2度目です。
あの場所、take_it_easy がおっしゃられているのと私が行っているのは、同じ場所なのかな?
確かにそこは、東川町内だと思います。
我が家からは冬道だと車で1時間ほどかかる場所です。

じっとしている所を見てみたいのですが、警戒心が強いんですね。
すぐに飛んで行ってしまいます。
Commented by asahimamegoo at 2012-02-23 10:42
湖の麓よりさん、こんにちは。

シギにも色々種類がおりまして。
おそらく、内陸よりも海辺の方が色々な種類のシギを見られると思います。
このアオシギは冬鳥で、内陸の渓流にのみやってきて、警戒心が強くすぐに逃げてしまうので、湖の麓よりさんがご覧になった歩いているシギは、違う種類のシギの可能性が大きいでしょう。
Commented by asahimamegoo at 2012-02-23 10:45
ぴよこさん、こんにちは~
そう、2度目の遭遇を果たしちゃいましたよ~
まさにぴよこさんのイメージどおり、警戒心がとっても強いようで、人の気配がすると、すぐに飛んで逃げて行ってしまうようです。
止まっているところ、見てみたいんですけどね~

雪原を歩く時は、長靴です(笑)
本当はスキーとかかんじきがあれば便利なんでしょうけどね~
ちなみに-20℃くらい冷え込んだ日は雪が硬くなるので、埋まることなくその上を歩けますよ~
Commented by 湖の麓より at 2012-02-23 13:27 x
asahimameさん、そうなんですか

その鳥を見たのはその年だけで

あとは見ていないです

また見たいのですが
Commented by asahimamegoo at 2012-02-23 14:56
湖の麓より さん

シギのことは実はあまり詳しくないのですが、渡りの時期に見られることが多いようです。
ということは、春か秋?
種類によって棲息地域はいろいろですが、浜辺にもけっこういるようです。
Commented by take_it_easy at 2012-02-23 15:01 x
わたしのアオシギポイントは東川町内、北のハズレですけど、近いとこ、岐登牛山中ですよ。
目が点になってしまうから、ポイント、アオシギエリアで探せれば、チャンスは広がるんでしょう。
でも、ヤツは飛ぶからなあ、遠くまで。
Commented by asahimamegoo at 2012-02-23 15:57
take_it_easyさん。

そうだったんですか!?
ということは、私のポイントとは違う場所ですよ。
岐登牛山から見ると、南東方向(たぶん)です。
ちなみに私の場合は、2度行って2度とも会うことができました。
運が良かったのか、それともずーっと滞在しているのかな???


<< そろーり      春を待つ >>