ピアノ教室の風景

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 16日

ベートーヴェンの後世への影響力

今日はベートーヴェンの誕生日だといわれている。
本当に12月16日に生まれたのかどうかは、とハッキリはしていないらしいが。
まぁでも、1770年のクリスマスの少し前に、オギャーと産声を上げたことはきっと間違いない。

その頃の日本は江戸時代。
第10代将軍家治の治世。
いや、将軍の名を出すよりも、田沼意次の時代、と言った方がわかりやすい。


それはともかく、ベートーヴェンのお話。

ベートーヴェンはあまりに偉大な作曲家であるがゆえ、その後の作曲家へ与えた影響は大きい。

たとえば、ブラームス。
ベートーヴェンを意識するあまり、交響曲第1番を完成させるまで、21年もの歳月を費やしたとされる。

マーラーなどはあからさまで、交響曲第5番の第1楽章の冒頭には、ベートーヴェンの同じ番号である第5交響曲の「運命の動機」である、ダダダダーン、のリズムをそのまま使っている。

他、ピアノ協奏曲第4番で冒頭にピアノソロのカデンツァをいきなり持ってきたり、交響曲に合唱をとり入れたり、従来にはなかった新たな試みをたくさん行った。
そのように、従来の音楽の形式や形態を崩し、ロマン派への扉を大きく開いたとも言える。

ピアノ曲はどうだろう?
32曲にものぼるピアノソナタは、ピアノの「新約聖書」とも言われている偉大な作品群。
(ちなみに「旧約聖書」はバッハの平均律クラヴィーア曲集)

でも考えてみると、ピアノソナタをメーンにピアノ曲を作った作曲家は、その後、あまりにも少ない。
スクリャービンは、かろうじてそうか???

ピアノソナタ、という形式はともかく、ピアノという楽器そのものが、当時としてはまだ新しかった。
鍵盤の数も、現代のピアノよりも少なかった。
ピアノという楽器の可能性を大きく広げたのは、やっぱりショパンなんだろう。


ところで、ベートーヴェンの演奏家でまず思い出すのは、指揮者のフルトヴェングラー。
ワタクシがまだ若かりし頃(まだ若いけど???)、フルトヴェングラー指揮、バイロイト祝祭管弦楽団による、第九交響曲のCDをよく聴いていた。
そんな歴史的録音が、音声のみだがYou Tubeに…



第4楽章のバリトンのソロからだけど。
この映像、時間が足りなくて曲の途中で終わっている

ベートーヴェンの第9交響曲の演奏時間は、テンポ設定にもよるけど、トータルでおよそ70分ほど。
CDの収録時間は、この第9交響曲の長さを基準に決められた、と言われている。

こんな所にまで影響を与えるとは、やはりベートーヴェンは偉大な作曲家なんだな~

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ



人気ブログランキングへ
[PR]

by asahimamegoo | 2010-12-16 16:55 | 作曲家


<< ヤマガラが飛ぶ      ジャンプ! >>