ピアノ教室の風景

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 03日

ショーマンシップ

野球の話題が続きます。
コチラもアメリカのメジャーリーグの話。

デトロイト・タイガースのアルマンド・ガララーガ投手が、9回2アウトまで完全試合だったにもかかわらず、27人目のバッターのファーストゴロをセーフと判定され、大記録を逃す、というハプニングに見舞われたとか。
しかもそのファーストゴロ、明らかなミスジャッジだそうな。

記事はコチラ

もちろん判定は覆らず。
抗議も実らず。

ミスジャッジがあるのは、ある程度は仕方がないと思う。
人間がやっていることだし。
でも、こういう場合は多少は空気を読んで、微妙なタイミングならアウト、ということで良いんじゃないだろうか?
しかも今回の試合は、タイガースの本拠地の試合だったらしいし、なおさらだ。

野球に限らずプロスポーツは、真剣勝負であると同時に、見ている人を楽しませなければならない。
ショーマンシップも大切だと思う。
選手だけじゃなく、審判も試合を盛り上げなきゃならない。
審判が判定を「演出」することも、ショーマンシップの一つでは?
もちろんそれは、どちらともとれない微妙な場合ね。
審判はあくまで、フェアーでなければいけない。


それはともかく、メジャーの審判よりも、日本のプロ野球の審判の方がジャッジが正確である気がするんだけど、どうでしょう?

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
↑一日一回、クリックお願いします♪


人気ブログランキングへ
↑コチラも~♪

[PR]

by asahimamegoo | 2010-06-03 20:25 | 野球


<< Twitter      名選手の引退 >>