ピアノ教室の風景

asahimame.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 01日

重力奏法を意識すればするほど…

腕の重さを利用してピアノを弾く奏法、重力奏法。
重量奏法とも言うのかな?
私の場合、重力奏法、という言葉は後付けなのだ。
重さで弾く方法で習い、それをそのまま生徒に教え、「重力奏法」という単語そのものは、本か雑誌か何かで知った。
まぁ、名称はどうでも良い。

…いや、本当は良くない。。。
こんな重々しい言葉じゃなく、もっときれいな言い方は無いんだろうかね?
あと、「打鍵」という言い方も好きじゃない。
鍵盤を叩くわけじゃないんだから。

でも、仕方がないので、便宜上、重力奏法で統一して話を進める。

指の力は極力使わない。
鍵盤を指の力で「押す」のではなく、指先から鍵盤に対して、腕の重さが伝わるような弾き方。

それを意識すればするほど、実は指の動きは必要最小限で済んでしまうような気がしてくる。
それで十分音も出るし、速い動きも何とでもなる。
ぶっちゃけ、指を動かさなくてもピアノが弾ける??????

あ、これはあくまで極論なんで(笑)
指が動いてないと、当然ピアノは弾けないので。

まぁ、重力奏法はあくまで、音楽を表現するための手段であり、目的ではないので。
良い音楽を作るための手段でしかない。
楽譜をよく読み、曲が作られた背景を知り、視野を広げ、そして演奏者自身がさまざまな体験をする。
そういうことでよい音楽が作られていくんだな~

私は、音楽にもっと「地の利」を生かしていきたい。
旭川という街の「地の利」
北国ならではの「地の利」
自然が豊かな北海道ならではの「地の利」
そういものも音楽に表現できたらな~
a0114742_93982.jpg

これは嵐山から眺めた旭川市。
京都の嵐山じゃないですよ、念のため(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
↑一日一回、クリックお願いします♪


人気ブログランキングへ
↑コチラも~♪

[PR]

by asahimamegoo | 2010-06-01 09:44 | ピアノ奏法


<< イトトンボは難しい…      何じゃこりゃ? >>